ASCII.jp:TIGER & BUNNYはこうして生まれた (1/5)|まつもとあつしの「メディア維新を行く」

154コメント 登録日時:2012-01-16 12:48 | ASCII.jpキャッシュ

放送開始直後から口コミで人気が爆発し、今年を代表するアニメの1つとなったTIGER & BUNNY。今回は仕掛け人と言えるサンライズの尾崎雅之氏に話を聞く。巷での期待値はさほど高くなかったこの作品に何が起こったのか、その成長の軌跡を追っていこう。 (1/5)...

Twitterのコメント(154)

備忘ツイート
だいぶ前の記事だけどタイバニ誕生に至るビジネス面の紆余曲折について語られてる
スポンサーロゴ入ってるの気になりすぎてビジネスプランを検索してしまった
古い記事ですが(2012)尾崎プロデューサーのインタビュー
作り手と、ビジネス側面と、受け入れられた層に対して、とても真摯な話をされておられます
いい話なんだよなぁ。BSプレミアの広告カット版見てみたけど広告ないのが寂しく思える。
あとで読み返ししよう🎵
失礼、社会人“男性”とは限定してなかったです。
3ページ目に「プロアスリート選手との共通点」にも触れられてるので是非
自分であとで読み返す用です。
これ読むと尾崎Pがよくわかってるのが伝わってくる。
記事が出た当時も読んだけど、もっかい読むと感慨深い
尾崎Pインタビュー(前編)
タイバニ関連記事色々。私のモヤモヤ感よ届け☆
クリエイティブとターゲット、誰に見せたいか、どうやったら共感してもらえるか。Webにも言える! -
私は明らかに遅れてきたタイバニファンでして、今年の一月にでた記事も今読んでいます。ビジネスとしての成功も、タイバニの大きな功績かと。 『 & BUNNYはこうして生まれた』
これはホントです! RT @sukiyapotes: 角川の人に聞いた話。タイバニの放送前、アニメ雑誌の特集記事のためにサンライズが資料を持って来るんだけど、「ターゲットは?」と聞くと「男性向けです!女性は考えていません」と言いきるのだそう
@TANITAofficial 自分の言葉ではないのですが、タイバニの生みの親である尾崎プロデューサーのインタビューです。プレイスメントの話もあります。タイバニの魅力を知る一端になればと思うのでよろしければご覧ください。
前編   中編 タイバニだからってだけじゃなくほんと素晴らしい内容なのでぜひ
& BUNNYの育て方を尾崎Pに聞く
ふぁあー濃かった!めっちゃおもしろかった!!でも尾崎Pユーザーのお財布はもうちょっと薄いですw
尾崎さんのお話はこれとかも面白いよねっていう。素直に読んだり、穿って見たりして楽しめる。これすらもエンタテイメント。→サンライズ尾崎雅之氏インタビュー
ちなみに尾崎さんのインタビュー記事はこれ。
エグゼクティブプロデューサーの話 /
タイバニのインタビュー記事見つけた 凄く興味深い
“プロスポーツ選手=ヒーロー”というイメージからプロダクトプレイスメントへ、っていう流れは凄く納得感があるなぁ。 /
普段アニメをあまり見ない層←自分、見事に引っかかったでござる。こういう裏話的なの好きです。
ASCII.jp: & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新を行く」
読んでる:
ターゲティングや収益構造を考えて緻密に作り上げた末に、ヒットした理由が全く想定外だった腐女子人気っていうw /
@01__3 これですねタイミュwww.
ビジネスという観点からのタイバニ人気を見てるので面白い
「じつは、我々がまず取り込まねばと思っていたのは、男性アニメファンなんです」
サンライズ尾崎雅之氏インタビュー】 破れたページは奪われたんだよ 何処かで落とした覚えはないから
ウホッ いいインタビュー。さすがサンライズですね~ 腐女子人気って言われているけど、それだけじゃないよ。 本当に良いアニメだと思う。 / & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新…”
興味深い。 RT @tabloid おもしろい「TIGER & BUNNYはこうして生まれた
タイバニ関係者のインタビュー!ブックマーク的にもここに置いときます。
「女性の支持を受けたのは嬉しい誤算(ごっつあんです)」と脳内変換された。 /
あれだけ腐女子ウケ要素を入れておいて「女性の支持を受けたのは嬉しい誤算」ってなんか腐女子狙いを公言するのはタブーなのか? /
はやった理由は、萌えアニメ、欝展開、奇をてらっただけ、女主人公、といったアニメに一般の人達があきあきしてたからなんだろう。あれってアニメーターの変態感を押し付けるよううで気持ち悪い。
& BUNNYはこうして生まれた
あとで読む!/
― 第30回サンライズ尾崎雅之氏インタビュー(前編)TIGER & BUNNYはこうして生まれた
サンライズ尾崎雅之氏インタビュー(前編)
& BUNNYは面白いよなぁ。ビジネスとして / “ASCII.jp:TIGER & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新を行く」”
ひゃー!カッコイイ! /
内容濃い。これこそがコンテンツビジネスだよな >
ビジネスの観点から見たタイバニ。面白かった!尾崎さんみたいな人じゃないとこういうのは出来ないのだなぁと関心させられた
昼に読もう… 『 & BUNNYはこうして生まれた』
アニメ「TIGER&BUNNY」は男性ターゲットだったが女性にバカ受けした。「鬱展開」と「萌え」を意図的に外したとのことで、そこが受けたのかも。ライバルは他アニメでなく深夜バラエティーだったと。 / &…”
タイバニ記事。ビジネスという側面から見ても面白い作品というのが、面白い。毎回公式の展開が予想の斜め上だったけど、お互いにそう思っていたところが。
あとこれは思わず読み入ったね。Pはここまで考えているのか……
売れるものには皆ちゃんと理由があるねえ。RT @tabloid: おもしろい「TIGER & BUNNYはこうして生まれた
何回かしか見たことないけど面白かった。途中からバカ売れし始めた印象。/
プロデューサー、やり手なんだろうなー、と思ってた作品。案の定、オモロい。< -
@miwa1212 よかったら…
「一般的にDVDなどのパッケージを買う方は、やはり30歳前後の独身男性が圧倒的に多い」 なるほど、深夜アニメの傾向が美少女萌えセクシュアリティに支配されているのもむべなるかな、か。 / & BUNNYは…”
@nosehair ジャンバラヤwww 実写化と舞台化を視野に入れているとの旨をプロデューサーさんがインタビューで語っておられて、それを見たファンの方々により(おそらく)炎上したのではないかと…。先程のはその釈明postだと思われます。
この異様に色素の薄い人があの濃いアニメを生み出したというのか… /
全ては作品を良くする為に RT @48mix: めも RT @yyhhyy 企業に縛られることに共感して貰うためだったのか。代理店側で同じことをしようとしたら衝突ばかりだったろう。RT TIGER & BUNNYはこうして生まれた
めも RT @yyhhyy 企業に縛られることに共感して貰うためだったのか。代理店側で同じことをしようとしたら衝突ばかりだったろう。RT TIGER & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新を行く」”
「極論すれば、原作をアニメにするだけなら(企画立ち上げから放送まで)1年程度でも可能です。そんななか、僕自身すごく嬉しいのは、業界全体としてオリジナル作品に勢いが出てきたことですね。」 / & BUNN…”
素晴らしい作品だった!|
"連続物だけど、途中から観てもわかる作り" ふむ
- 】ようやくこの前の合説でバンダイの人から聞いたスピード社云々の話の意味がわかった
仕事冥利につくんだろうなあ。 /
読みごたえあって面白い!
TIGER&BUNNY記事。プロダクトプレイスメントはリクープ(投資回収)の仕組みではなくて(実際広告収入では足りんのだとか)作品テーマ上の必然であったことなど、とても面白いね!
ミュージカルはやめて…
ここまで色々と考えた末に大ヒットの要因は「想定外」なんだなー。 /
その台詞、富野監督の前で言ってみろって感じのことばっかりだなあ。あとサンライズの立ち上げ時の歴史も壮絶に無視して美化してるよね。 / & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新を行…”
あとで読む。じっくり読む。 /
― 第30回
サンライズ尾崎雅之氏インタビュー(前編)
TIGER & BUNNYはこうして生まれた
アニメ雑誌ではこのような記事は読めないのだよねぇ・・。
タイバニのプロダクトプレイスメントは、アニメの企画を練っていく中でライト層の関心を引くための施策として仕掛けた。なるほどー。
& BUNNYはこうして生まれた】
― 第30回

サンライズ尾崎雅之氏インタビュー(前編)
TIGER & BUNNYはこうして生まれた  あとで読む
サンライズ尾崎雅之氏インタビュー(前編) や、やっぱり「ターゲットは男性」「企業で働く社会人の共感狙い」ってゆってるよ……??
オリジナル作品は後から利益率を高めていく……というのは未だに続くタイバニ関連商品を見ればワカリマスヨネー(棒読み)。ともあれいい記事。
企業に属するヒーローは、社会人アスリートをイメージしたのか ≫
腐女子の存在を知らないかのようなカマトトが可愛いです(^^) RT @KenAkamatsu: TIGER & BUNNYはこうして生まれた ★「女性ファンからの支持は嬉しい誤算」
@e_tori616 けっこう痛そうだねぇ…目の周辺って皮膚も薄そうだし…。ちょっと休憩がてら尾崎さんのインタ読んでました。前編だって。内容はこれまでにあちこちで話されてることとだいぶかぶってる気がするけど、改めて読むとまた面白かったよー。
でも一話目からお姫様抱っこしてるけどなぁ。(笑) RT @macoto_mizusawa 最初から狙った訳ではなかったのか… RT TIGER & BUNNYはこうして生まれた ★「女性ファンからの支持は嬉しい誤算」って、マジか。(笑)
パイの問題として、男オタのが多いしねえ。/想定外だった「女性からの支持」/
& BUNNYはこうして生まれた
なるほどなるほど、やはりある意味「想定外」の人気だったわけですね>
読みごたえのあるインタビューですRT @a_matsumoto: お話し伺いました。 / “ASCII.jp:TIGER & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新を行く」”
ほー、後編も楽しみ| -
プロダクトプレイスメントは設定から生まれたアイディア、女性ファンは想定外など。大人向けヒーロー番組としての戦略が興味深い /
確かに普段アニメ見ない私の母親もTOGER & BUNNYを気に入ってたし、狙いが上手く行ったんだろうな。 /
『プロダクトプレイスメントは、作品の世界観構築の結果として生まれたアイデアだった』 なるほどね。だからさほどあざとさを感じなかったのか / & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維…”
すごい読み応えがっ!>< てか「特定の女性ファン」って^q^;ハハ
面白かった♫  & BUNNYはこうして生まれた・前編】
これは面白いなぁ いろいろと考えさせられる記事
後読RT @clione: 後読RT @a_matsumoto: お話し伺いました。 / “ASCII.jp:TIGER & BUNNYはこうして生まれた|まつもとあつしの「メディア維新を行く」”
あの異様な女性受けの良さは想定外だったとは・・・ /
【インタビュー記事】まつもとあつし氏によるサンライズ尾崎雅之氏インタビュー(前編)。読み応えあります。
お話し伺いました。 /
以上

記事本文: ASCII.jp:TIGER & BUNNYはこうして生まれた (1/5)|まつもとあつしの「メディア維新を行く」

関連記事