TOP > ネタ・話題 > ラグビーW杯 10月20日準々決勝第4試合 日本 vs 南アフリカ レビュー

ラグビーW杯 10月20日準々決勝第4試合 日本 vs 南アフリカ レビュー

「先に我々のメンバーを見たことで、相手が作戦を変更してきても、それは私がどうこうできることではない。関係ありません」試合3日前に登録メ…...

ツイッターのコメント(21)

こういう丁寧な解説・レビューはそれほど詳しくなくても読んで面白いね /
めちゃくちゃ読みやすいなんだこの記事⁉︎雑誌Numberで書いて欲しいんだが。
前回W杯はニワカ未満、今回W杯でニワカになった。ルールはもちろん、選手を覚えたらより楽しく観戦できた。そういう意味で、後半にサイボーグ・マルコムが出てきたときの絶望感が半端なかった。 /
あの熱戦のあとにこういうの読むとラグビー好きになっちゃうよね。
“後半、フィールドに先に現れ、円陣を組む日本は予選突破でやりきったなんてとんでもない(中略)。だが淡々としていたように見えていた南アは、10分の間に着実に自分たちのプレーを修正していた。 /
このW杯でラグビー初めて観たけどここまで心動かされるとは。4年後が楽しみだ。/
4年後だ!!!! /
“シンプルプレーを悉く繰り返す南アは、「自らの強みを疑わない信念」と「身体の強さ」で強引に命運を引き寄せた” /
前半、折り返すまでは「もしかしたらいけるのでは」という淡い期待を持っていたけど、後半は「南ア、つえー」試合が決まった後も最後まで攻め続ける南アに、日本に対するリスペクトを見ました。4年後、4年後だ。 /
レビュー書いてくれてる人ありがとう🙏
いつもありがとうございます。プレビューのおかげでより楽しんで観戦できました。このレビュー観ながらもう一度観たい。いや、観る。今週のNZLvENGもお願いします!>
凄くいい文章。
改めて、色んな対策させるくらい南アを本気にさせていたんだよね。
ほんとカッコいい。
夢を見させてくれてありがとう。
控えでも2メートル超えるロックが出て来てラインアウトでぶん殴って来るのマジ絶望感あった。前半競る展開で、相手の心理をあと一枚追い詰める圧が、我々には足りなかったのだろう。 /
モールからの多段ロケットみたいなトライが衝撃的だった。純粋にスゲーなと /
拝読。やはり良いレビュー>
良い記事

Faf de Krerk選手、ガチムチ南ア集団の中でも小柄で髪ファサァ…な人なんで「こんな人いるんや」と思って見てたら最後までめちゃくちゃ走るわタックル強いわでびっくりした
凄すぎて昨日南アの選手この人しか見てないしもう一回試合観戦したいな…
数々の素晴らしい試合をありがとう
あんなに積極的に前がかりなディフェンスを南アがするなんて、という衝撃と、それでいて攻撃スタイルはあくまでも愚直にパワーで押し通る伝統的なものだった。日本が次のステージに引き上げちゃったかとすら思った。 / 南…”
この人のレビュー面白い(てか書くのはやっっ!)
"増田がラグビーを好きな理由の一つは、刻々と迫ってくる決着の時を前に、勝者も敗者もをどのように結末を迎えるかの姿勢が問われ、そこにドラマを見ることができる" ▶️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR