TOP > ネタ・話題 > あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップ..

あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップ..

22コメント 登録日時:2015-08-22 11:47 | はてな匿名ダイアリーキャッシュ

あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップをきれいになるまでよく洗います。その後そのコップにお茶を注ぎ、飲…...

ツイッターのコメント(22)

別にサノケンの問題だからとかではなくこういうことをドヤ顔で書き込んでるやつのツラを見てみたいという気持ちがある
豊洲の問題でこの例え話を思い出す。ただ,このコップが工業製品なら途中おしっこ以上に飲めない薬品を使わないと多分作れない。それを洗浄して「安全」なものとして出荷している。穢れのない「安心」と言うのは想像力の欠如の上にしか成り立たない。
“汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップをきれいになるまでよく洗います。その後そのコップにお茶を注ぎ、飲む。この時に感じてしまう心理的抵抗が『穢れ』の本質なんです。おしっこがコップに残ってなくても感じてしまう”
名で売るデザイナーはこれで死ぬのか。 (あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップ..)
極端な例え話。言わんとすることはわからんでもない。俺も星白の尿を(精製してから)本人の目の前で飲んでみたい。 /
むしろ「穢れ」という概念自体が穢れてしまったという気がする。その住職の話だってそもそも茶を飲むコップに小便するなよで終了だし。 /
"あるお寺の住職の話「汚いですが、コ.. "
この話、野崎まど氏のknowで読んだ。
穢れ(けがれ)か。もはやこれなんですよね。

あるお寺の住職の話「汚いですが、コ..
繰り返し行われれば落としきれずに尿素がアンモニアに変わって残っているかもしれないという思いから嫌疑が深まるという意味では同じかもね。 /
佐野氏の件にこの比喩が妥当かはさておき、ネット発の、あるいはネットで認定された「穢れ」を祓う、禊ぐ方法はあるのだろうか>
穢れって神道じゃね /
コメント見てわかるだろ?この話を"はてな"でするのが間違ってる /
文化が違えばいろいろ.
穢れって日本(を含む一部の国)特有の感情って聞いたことあるけど、この話聞いた欧米人は平気で飲めるんかね。 /
ハレとケとケガレと日本人の精神論みたいなものをこの記事を見ながら考える。
この穢れの下り。これはあるなぁ。
あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップをきれいになるまでよく洗います。その後そのコップにお茶を注ぎ、飲む。この時に感じてしまう心理的抵抗が『穢れ』の本質なんです」 なるほど……。
自分でおしっこ飲んじゃうくらいの気概がないと、これからはちょっとしんどいな。
この話聞くといつも「穢れってそんなものなの?」って思ってしまう。しかも仏の道の人が穢れを語るの?みたいなことも考えてしまってモヤモヤする。ごめんデサイン関係なくて / “あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそ…”
ただ、昔は穢れと禊ぎが対照的に存在したのに、今は禊ぎが無いからなあ。 /
それは正しい比喩なのか…?ということは置いといて、それは克服すべきだと強く思うし金銭的な得があれば積極的にケガレは無視していきたい。 /
以上

記事本文: あるお寺の住職の話「汚いですが、コップにおしっこをしてからそのコップ..

関連記事