TOP > エンタメ > 「今までが日本アニメにとってのボーナスタイム」識者が語る中国アニメ市場のリアルは? | アニメ!アニメ!

「今までが日本アニメにとってのボーナスタイム」識者が語る中国アニメ市場のリアルは? | アニメ!アニメ!

中国アニメ市場のリアルを、中国オタク事情に精通している百元籠羊氏にインタビュー。実際のところは中国のアニメ愛好家にとって日本のアニメはどういう位置づけなのかを訊いた。...

ツイッターのコメント(17)

それにしてもこの記事によると、中国国内ではアニメ(中国産)がもの凄く人気になってきているらしい。

環境的な面ではテレビから動画サイト配信が人気になっているとのこと。
やはり「動画配信」は今後注目していたほうが良さそう。
中国ではイラストが過激すぎるという理由で、アニメが規制されてしまうことがあります。
自国のアニメが海外の違法サイトで勝手に字幕までつけられて視聴されまくる状況って日本のアニメがダントツだけどもし中国のアニメにそれが起こったら影響力が向上したと見なせるところ
写真の本、オビ文の頼み先を間違えてるな>
制作のクオリティは上がっているが、創造力が全然ダメ。パクリの域を出ていない。
ざっくり読んだ。立ち位置的には日本におけるマーベルとかCN系アニメと同じ立ち位置かな?
(「君の名は」以降の)2匹目のドジョウを狙って3~4本程の映画が中国で公開されましたが、現地のアニメ視聴者の間では一定以上の評価を得られていても、中国の業界的な感覚からするとお世辞にもいい評価ではなかった / “「今までが日本ア…”
「実は中国の環境と笑いのツボに刺されば、人気継続するのがギャグ系アニメ作品です。これは『銀魂』からの流れですね。」
「今までが日本アニメにとってのボーナスタイム」識者が語る中国アニメ市場のリアルは?(アニメ!アニメ!)
日本のアニメーション技術をパクって作ったアニメっしょ?人を安く使って技術を盗むのは中国の十八番だからな。
ふむふむ〜 →
皆もぜひ、この記事を読んでみて。
中国の人も「中国嫁日記」とか読んだりするのかな。
<「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む。
コスト面で折り合いがつかなくなった一流やベテランから引き抜かれて、いずれクオリティ面で日中の立場が逆転する。他業種も似た流れに…

「今までが日本アニメにとってのボーナスタイム」識者が語る中国アニメ市場のリアル…
まぁ、ブレードオーガさんは許されなかったけどね

「今までが日本アニメにとってのボーナスタイム」識者が語る中国アニメ市場のリアル…
中国アニメ市場のリアルな動向を聞いてきました!本日公開です!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR