プリンスがロックの殿堂式典で披露した「While My Guitar Gently Weeps」の名ギターソロ 当日までどんなソロになるのか誰も知らなかった - amass

12コメント 2022-04-25 16:04 amass

ツイッターのコメント(12)

プリンスの長年のファンではあるが、彼の活動の全てを把握しているわけではなく、しかし、これほどの名演を今まで見ていなかったというのは、余りにも恥ずかしい。どこかのブートにこの音源が収録されていないだろうか。
プリンスがロックの殿堂式典(2004年) で披露した「While - amass【映像】


「これまで以上にプリンスが多く登場する再編集版YouTubeにて公開」

すっご…!  目がクギ付けになる
すげえ。プリンス版ウィープスだ

[Share]
このプリンスのソロは最高。ギターが泣いている。
さすがプリンス!
このソロは凄い。
嗚呼プリンス、プリンスよ。これはあの曲でジミが弾いていたらどうだったのか?の妄想に応える。初聴でした。
かっこよくて、ため息がでる。
生きている間にロックアルバム作って欲しかったな。
Chaos And Disorderの路線を突き詰めた感じなやつ。
--
細かいことわからんけど、プリンスがえげつないほどギターが上手い
ニヤニヤしてしまう🔥🔥🔥🔥🔥
へぇ〜〜〜〜 そうだったんですね〜
ショー・プロデューサーのジョエル・ギャレンが語るあの名演の裏側。
「 当日までどんなソロになるのか誰も知らなかった」
以上
 
PR
PR