チャーリー・ワッツとジンジャー・ベイカーの友情の逸話をジンジャーの娘が語る - amass

10コメント 2021-09-07 12:39 amass

ツイッターのコメント(10)

ローリング・ストーンズ(ホンキートンクウィメン、とか)を聴く前はcream(クロスロード、とか)を聴いていた。

“チャーリー・ワッツ・オーキッド”
泣いた。必読。同業者として、GTより長く親密そう。チャーリーがジンジャーにドラム担当を譲ったエピソード、後にジンジャーがブライアンにチャーリーを推薦したエピソードから別れまで(泣)
意外なことに年齢は2歳差。「天に召される」の言葉通り、順番に天国へと言う感じだ。
アレクシス・コーナーのバンドにいた二人のドラマーの話。いい話だ。ジンジャー・ベイカーの娘さんは気持ちの良いひとだよね。
イイ話しだ!
いいエピソード - amass
ドラムの神様2人の、胸が熱くなる友情譚。
音、作品には絶対に創作者の人柄が出ていると、改めて確信しました。
チャーリー・ワッツとジンジャー・ベイカーの友情の話。いい話だな……。
以上
 
PR
PR