TOP > エンタメ > 全米レコード協会 アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろうと報告 - amass

全米レコード協会 アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろうと報告 - amass

116コメント 登録日時:2019-09-07 10:07 | amassキャッシュ

米国では、アナログレコードが1986年以来33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録しようとしています。全米レコード協会の中間報告より ...

ツイッターのコメント(116)

アナログ再燃の話は一昨年くらいからよく聞いてた。次にミニコンポを買い替える時はレコードプレーヤー付きの一式にしたいから、そろそろスタンバイしておきたい。
メモ
レコードって、どこで作っているのだろう?
溝掘る環境って、どれだけ残っていたのだろうか?
買うならレコードってことかな。CDならストリーミングでいいやとか。おもしろいなあ。

「2019年上半期の米レコード音楽業界全体の売り上げのわずか4%で、ストリーミングサービス(有料)は業界の売り上げの62%を占めています。」金持ちの道楽レベルじゃない
どういうことなの |
CDの売り上げが下がる中でのニュースですね。
てんとう虫のレコードプレイヤー買おうかしら?Qt
体験価値ってやつ
コレクターから借り受けて写真映えだけを考えて並べたとしたらぶん殴りに行きたくなるやつ。
日本にも、いつかその日が訪れたら嬉しいかな。
CDって、そんなに減ったのね
ストリーミングサービスが圧倒的な存在となる中、CDの存在感は薄れ、アナログレコードにはそういったものとは違う価値があるということなんでしょうけど、それにしてもオドロキ
「レコード盤は、2019年上半期の米レコード音楽業界全体の売り上げのわずか4%で、ストリーミングサービス(有料)は業界の売り上げの62%を占めています。」
@amass_jp
「 アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろうと報告」

おー、レコード復活の日がくるぞーー。
アナログレコードが勝ってるというより、CDがストリーミングに負けてるという感じかな。
聴くのはストリーミングで良いけど、手元にコレクションするという意味では、CDよりアナログレコードのほうが「意味がある」
@amass_jp
そこまで!?
アナログは盤が大きくインパクトもあるので、部屋のアートとして飾ってる友人も多い。また、音域が広いことから音好きにはアナログ盤は今でも根強かったりする。
これ、見たら面白いね
まあチェックするのはストリーミングで十分だしどうしてもモノで持っていたければCDよりはレコードの方が満足度は高いよね。
ライトなユーザは全部ストリーミングに流れて、コアなユーザがずっと買い支えてこうなったと。
他の業界でもいずれ起きそう。
CDってそこまで落ちぶれてたのか。
勝手を言うなら値段だけは据え置きにしてください。。。。。切実に。。。更に値上がりしたら破産しちゃうよ
レコードが売れているのか、というよりも、CDは本当に売れてないのか、と。
ストリーミングが大半で「どうせ持つなら有難味のあるレコードかな、聞くのはストリーミングやレコードに付いてるダウンロード・コードから落として」となっただけという気がしないでもない。
なんか、へー、そうなんだ、て感じ。。
そういう時代だということ
「全米CD協会」に名前変えなかったのは先見の明ある…って思ったら、英語は「Recording Industry Association of America」なのね。和訳がおかしいだけか。 /
ていうかCDとレコード足しても音楽全体の10%満たないのか。
やっぱいいもんなー。レコード。
リマスター版も増えて欲しい。
まあそれはそうだろう。いくらでもほしい曲だけ手にはいるデジタル音源を板で買いたい人がもうそんなにいるとは思えない。アナログ音源は銀塩写真と同じ。リマスタリング版ブームすら起きそう。

全米でアナログレコードが33年ぶりにCDを上回る見込み
なんだってぇ〜?! @amass_jp
アメリカじゃもうそんな事になってるのかとビックリした。
ハイレゾは音はサイコーなんだけど聴くのにやたら手間がかかるのと値段が高いからなあ。
【 アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろうと報告】
まさかこんなことになるとは
手軽に聴くのはダウンロード
こだわって聴く時はレコードでって感じなのかな
CDが同じデジタルの配信サービスに食われてシェアを落とす一方、ハードウェアとして独自の需要を持つレコードはそれほど落ちなかったと/
ラッパーが多いって事か?
実体はデジタルデータでパッケージはお守りなので、LPの方がCDよりもかっこいいという話(カセットテープもCDよりはマシ)→
米国だとビッグネーム以外はネットで音楽発表して、話題になったらレコードで出して、で評判良かったらCDプレスして…って流れらしいから、音楽ビジネスって一歩先行ってるよね。
「 アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろうと報告」
日本では、タワーレコードにおいても、ビニール盤は1~2割の売場面積かな?
グッズ類の物販が2~3割を占めている印象。
新譜と旧譜の再発盤の比率が気になりますが,87年にCDがLPの売上を上回ったので、それ以来ですね。
あと何年かすればCD再評価も来るんだろうから、底値であろう今こそ銀盤の買い時!かな?
これ読んでレコード売れてるんだ!って勘違いする人多そう いや「売れて」るんだけど枚数で比較した方がいいんじゃない?単価全然違うし…
カジュアルにCDを聞く人がレコードを買うマニアより少なくなったって事になるのか。
ついに時代がそこまで来たか!! / (amass)
圧縮した音源を持ち歩けるコンパクトなディスク、を持ち歩く必要がなくなったのである意味そらそうなるよなともおもう
昔はCDプレイヤーとお気に入り2,3枚持ち歩いとった
CDにサヨナラなのかもな。レコードはまた延命したなw
ちょっとおもしろい話_(:3」∠)_ レコードを再生できる機器を持ってるってるのか。CDは見かけるけどレコードプレイヤーって家電量販店にある…? アメリカならではなのかな
それだけCDが売れなくなったということなんだろうな。
以前はCD買ってた層がストリーミングサービスに移ったってことなのかな?
確かに、うちのレコードは増えている😏 今日もまた1枚購入したし…
あれ!? ここアメリカ? 神戸市アメリカ町?😂
レコードはジャケット含めて所有感がある。CDは扱いやすいけど、なんか味気ない気がする。
本当、未だにCDが主流の日本って…
マジで!?そんなことってあるんだ…
クラシック系の人は、いまだにCDを作りたがる方が多いけど、これから作るならLPレコード!
あくまで自分の意見だけどさ。
自分はCD派になった。
いい音楽を重ね聴きで多く聴くためにさ。

CDで著作者にできるだけお金を渡すStyle。
これ、もはやCDを誰も買わなくなっただけ。
これは喜ばしいことだよな
CDをメインで買ってるけど、同じ音源でもレコードだと違って聞こえるもんな
アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろう


>2019年上半期のレコード盤の売上は計2億2410万ドルで、これは860万枚に相当します。一方、CDは約1860万枚で2億4790万ドルでした

ただストリーミングが全体売り上げの62%を占めている
DL、ストリーミングが浸透した今だとCDってレコードより需要ないんだなあ
はえーすっごい。
全米レコード協会によるとレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録する試算🤔

19年上半期のレコード盤売上:2億2,410万ドル→860万枚
CD:2億4,790万ドル→約1,860万枚

レコード盤は2期連続で13%成長している一方、CDは成長がなく、19年通期ではCDを抜くという予想。
全部処分しちまったんだよな
これも時代。
へえ、そうなんだ。びっくり!
そりゃそうだ。CDの良さは何もなくなった
米国:レコード盤がCDよりも売れる現象。人間が知覚しにくい部分を圧縮しているストリーミングやCDに対し、音質面でレコード盤を好むファンも根強い。ストリーミングとレコード盤との狭間でCDの利点はほとんどない。日本では特殊なビジネスモデルでCDが支えられている。
新品の売り上げの場合アナログレコードのほうが同じ作品のCDよりも高いというのも理由のひとつなのでは?と思う。
記事でも売り上げ枚数ではCDのほうがまだ上ですね。
趣き深い。アナログを全て断捨離したのを後悔してる。いま流行りのシティポップが大量にあったんだが。 …でCDはまだ2000枚以上捨てられずに江戸川競艇に置いてるんだよね。|
アナログレコードの売り上げがCDの売り上げを抜いたそう。みんなCD買わないでダウンロードしてるからね。
今、車やカメラなどメカが電子に置き換わっているけど、いつかメカも見直されるんじゃないかな。機械式腕時計のように。
エモエモか?
アナログ
ロックの図書館
CDでの背表紙情報でのジャケ買いで育ったので好きですが、LPでリリースはしたいです。データ保存期間が圧倒的にLPが長く、そもそもモノへ物理的に記録を刻むLPの方がアーカイブとしても優秀。
LPを安く作れれば流通量もっと変わるのは明白。
2019年のレコード販売、米国でCDを上回る見通し。巡り巡って再びアナログの時代へ。-
便利な世の中だからこそ、何に価値を置くかという、良い現象なのでは
ダウンロードが多くなってCDが売れなくなってこうなるのかな
ストリーミングサービスなどのデジタル分野が伸びればコアなユーザーはよりアナログに潜っていくのか。他の分野でもそうなるかな。
すごく面白い現象!
じゅんじゅん、CDが売れないって?レコードで出そうぜ。
レコード持ってますが、最近のアーティスト(特に日本以外)はレコードを必ず出します。むしろ出さないと謎です。レコードの音を録音してデバイスで聴けるので、趣味にお金を使う人が多い現代では利便性とのいい掛け算になります。
これはつまり、何十年後かに次はCDを聴きたくなる人が増えるということなのか。それとも、レコードにしかない味みたいなのがあって、それが再び評価され始めているのか🤔

買ってる世代がわかるとわかりそう
米ではアナログレコードのサブスクも盛り上がっているので。。:)
アナログな音も求められてるわけね
まさに「アナログの逆襲」。サブスクリプションで音楽が身近になると、音の良さを求める人が増える。

デジタルとアナログの比較ではなく、共創してる状態だよな。
・レコード盤の売上は2018年下半期に12.8%増、2019年上半期に12.9%増と増加
・ストリーミングサービスは売上げ全体の66%ほど
すごい現象だな。それだけCDが売れないってことでもあるけと。
なんと!!
これは興味深い。
日本はとある理由からこうはならないんでしょうけど。
>2019年上半期のレコード盤の売上は計2億2410万ドルで、860万枚に相当する。一方CDは1860万枚で2億4790万ドル。レコード盤の売上は2018年下半期に12.8%増、2019年上半期に12.9%増と増加が続いているが、同期間CDの売上は変化していないため、今年末にはレコード盤がCDを上回る
アナログレコードの売上が、CDを上回る予想だって。
それでもCD全然売れてないんだね!
利便性ではなく、「意味づけ」という事例で、アナログレコードはわかりやすいものだと個人的には思っている。聴くだけ、ならiTunesでいい、音源データがあればDJも出来る時代。聴くためには機材も必要。アナログ盤自体も保管に場所とるしね。
回る、回るよ、時代は回る。

(まあ、ストリーミングの方が圧倒的に増えてる数字もある現実)
これはグッドなニュース👌
世の中はデジタルからアナログへ。通貨もアナログに価値を見出しているのかも知れないw
レコード盤は、2019年上半期の米レコード音楽業界全体の売り上げのわずか4%で、ストリーミングサービス(有料)は業界の売り上げの62%を占めています。
( ̄ー ̄)ニヤリ
いやぁ、まさかこんなことになるとは…
CDはもう必要ないから自然とそうなるね。若いアーティストも必ずアナログ盤出すし。
アナログ購入者だって多いわけではない。要するにCDなんてもう物好きしか買ってない。
レコードが4%なら、CDは、もっと低くなるということなのか...。
オレもこの2ヶ月で4枚もアナログディスクを買ってしまった。
単価の高いレコードが売り上げでCDを上回りそう。枚数はまだまだCDの方が多い。
CDプレイヤーのピックアップがダメになってる人いっぱいいるだろうなぁ...うちも😂
以上

記事本文: 全米レコード協会 アナログレコードが33年ぶりにCDを上回る売り上げを記録するだろうと報告 - amass

いま話題の記事