70年代ロボの再生に重ねる、我が人生と人の世と……。鬼才のプラモデル作家、タンゲアキラさんに会ってきた【ホビー業界インサイド第83回】 - アキバ総研

14コメント 2022-08-13 12:00|アキバ総研

ツイッターのコメント(14)

この人の作品にでも同じこと言うんどろうか?
ひたすらにすごい…
この方の陰というかある種の虚無感の中で自分にあるものを作り出すというか消化していく衝動こそがアートの根源なんだなと羨ましくも寂しくも感じる
自分はそうはなれないし尊敬する
自分の感覚がなんとも消化できない

ていうか純粋にこのコンV良すぎる
タンゲ氏の作品の如く、ズッシリとしながらも繊細なディテールのような想いに、胸が熱くなる。
実に良記事
U ・ ω・Uつ
80年代から模型業界をうろうろしてた人たちからすると、この方がこういう名前になってこういうことを語るというのは本当に、隔世の感があります
70年代ロボの再生に重ねる、我が人生と人の世と……。鬼才のプラモデル作家、タンゲアキラさんに会ってきた
凄く面白いインタビューです。
「アキバ総研」に ・アキラ 氏のロングインタビューが掲載‼✨
「ザ・タブー」に掲載された〈超絶改造コン・バトラーV〉など、彼の創作の根源的動機が、ロボット愛や人生観と共に語られています。必読よん。😉
自分が驚くようなものを作りたいだけ…なるほどなぁ。
ニュース
70年代ロボの再生に重ねる、我が人生と人の世と……。鬼才のプラモデル作家 -
達人とは、かくありき (-_-)
細かい作業内容はツイートで追わせて貰ったが、正確な基礎作業の積み重ねなんだよね。凄く勉強になった。

それにしても良いインタビュー。
以上
 
PR
PR