今年もっとも注目すべきアニメ「地球外少年少女」の磯光雄監督が、「宇宙」と「未来」をテーマにすえた理由を明かす【アニメ業界ウォッチング第86回】 - アキバ総研

13コメント 2022-01-23 14:12|アキバ総研

ツイッターのコメント(13)

6話全部観た。20代ですら老害の方に追いやった潔さ。この世界は10代の君達のものだという明確なメッセージ。
>今はコストをかけずに、省力化して短時間に結論にたどりつくのが勝ちとされていますが、私たちの世代はまったく逆でした
SFが生まれた頃のサイエンスは、何でも夢をかなえてくれるファンタジーに近かったと思いますが、今のサイエンスは、教科書で教える真面目なものになってしまった。私が求めているものは不思議なものを見てワクワクしたいだけなんです。重要なの面白いかどうか。地球外少年少女
“SFを名乗ってファンタジーをやると怖い人たちに怒られてしまいますので、サイエンスという言葉は外してもいいかもしれません。魔法だろうとSFだろうと、私が求めているものは同じで、不思議なものを見てワクワクしたいだけなんです”
この辺り重要なご指摘だと思う
「面白くするためには嘘もつく」前提条件がある嘘がエンタメなんねー
「今回は宇宙だけでなくAIも出てきますが、こういうものは考証を真面目にやりすぎるとドキュメンタリーのようになってしまって、アニメにする意味が薄れてしまうんです。面白くするためには嘘もつくし、物事をふくらませて別のものに見せてしまったりもしています。」
やっぱりイリヤさんも参加してたんだ! 画コンテ・原画のイメージがなさすぎて見間違いかと思った
このアニメは必見! →
〉「言葉がわからなくても、面白さはちゃんと伝わってきたからです」
これ本当、昨今は全部説明されるのを求めるけど、想像したり、何年も経ってっから気づくのがよいのよ。

「地球外少年少女」の磯光雄監督が「宇宙」と「未来」をテーマにすえた理由を明かす-
電脳コイル、難しい言葉が多い割にハッキングやオートマトンが視覚化されていて子供でも理解できて面白かった
そうだったのか
"磯監督は、「電脳コイル」の前に「ラーゼフォン」(2002年)の第15話「子供たちの夜」の脚本・絵コンテ・演出を手がけています"

今年もっとも注目すべきアニメ「地球外少年少女」の磯光雄監督が、「宇宙」と「未来」をテーマにすえた理由を明かす
以上
 
PR
PR