TOP > 科学・学問 > デジタル台風:台風の上陸・接近・通過の定義

デジタル台風:台風の上陸・接近・通過の定義

23コメント 登録日時:2019-08-15 11:55 | 教育・学術機関(ac.jp)キャッシュ

Twitterのコメント(23)

@sisiace 沖縄を本土に含める定義もあるけど、今回は気象庁の定義を前提に話をしてるから異論は認めない()
「上陸」は中心部が本州等に達したことを示すため、伊豆半島には「目」が来てる場合があります。
暴風域はその周辺ですし、陸に上がったということは衰退へ向かうことを示します。
そもそも、「台風上陸」という号外に違和感が。台風上陸の定義は中心が来ることであって最大の被害が来た意味ではない。そのニュースを聞いて何を感じればよいのだろうか?
台風の中心で上陸の判断をするようだ
@super_ol_war ↓ということだそうです。勉強になりました!
台風の上陸の定義ね。
なるほど、台風の中心(推定)が本土にかかったら「上陸」なのか
上陸:台風の中心が北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合を言う。
真っ赤な暴風域が本州にかかってるのになんで上陸してないことになってるのか不思議で調べたら、「台風の目が海岸に接したら」なんだね。
ばかでかすぎてまだ目が接してないの…
@stfan_j こちらに定義がありますのでどうぞ
@hobojun 「紀伊半島付近に上陸」というフレーズをよく耳にしたような気がしたので調べてみたら本当ですね。この歳になるまで知りませんでしたが、なんか腑に落ちませんよね。

デジタル台風:台風の上陸・接近・通過の定義
@ryoma_SSS 紀伊半島は大きな半島だから上陸になるらしい。
上陸
台風の中心が北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合を言う。

通過
台風の中心が、小さい島や小さい半島を横切って、短時間で再び海上に出る場合を言う。
ナルホド。半島を軽く横切るくらいだと「上陸」ではなく「通過」になるのか。
⇒ 台風の上陸・接近・通過の定義
いや知っているよ知っているけどさw でももう少し気を使ってあげてよw
今日のニュースで気になったこと。小さい島・半島の定義はわからんが、佐田岬半島は通過で、台風が上陸したのは広島県になるのね。
@ojamonas リンク違ってるやんかww
なるほど、まだ上陸ではないのか。
台風の「上陸」と「通過」の違いはこちらを参照:
これ知られてるのかしら
以上

記事本文: デジタル台風:台風の上陸・接近・通過の定義

関連記事