東京都の同性パートナーシップ制度の「穴」 | アゴラ 言論プラットフォーム

44コメント 2022-01-22 08:03 アゴラ

ツイッターのコメント(44)

「全会一致で採択!」と小池ファーストの会が吹き上がってたけど、穴はふさがってるのかね。
(特にトランス)
利用者が同性でなければならないなどとも書かれてないしそもそも同性とは何かという定義などパートナーシップに必要がない。
松浦大悟はそもそも東京都のパートナーシップの素案をよんでいないのではないか。
「同性パートナーシップ」を異性も利用できる制度にするという松浦大悟氏の提言、良い気がするんだけど、問題があるとするとなんだろう🤔
ご指摘はもっともですが、この手の問題で私が懸念してるのは「近親婚を止める論理が無くなる」なのですよね。

いや、個人的には構わないのです。ただ、推進派の皆様にそこまでの覚悟が有りますか?と問いたいのです。
要は「本人申告で、SRS手術してない男性身体の≪女性≫や、女性身体の≪男性≫をアリにするの?」という穴。
ワタシなら、自分は利用しないけど、B案が良いと思っています。
これ読む限り穴だらけというか新たな問題の火種をあちこちに仕込むだけで、当事者誰も幸せにならないんじゃ…
「制度ありき」じゃなくて副反応もちゃんとケアできる社会が健全な社会だと思うのだが。
結局自民党が支持率高いのは、「(結果的にしろ)理念より現実先行だから」なのよな。
竿切りしないでレズは普通に怖いんでやめてください
| アゴラ 言論プラットフォーム

ああなるほど、同性愛者同士の結婚はサロガシー(代理母出産)とも関わってくる話になってくるんだ。
この制度、今は通さないほうがいいですよ。なにしろ、通れば、「男が妊娠する首都東京!」になりますから。夫婦別姓ぐらいで「伝統的な家族の形が!」と騒いでる保守の方々は、卒倒必至。その前にこの記事読んで、議論しましょう!
松浦大悟氏の記事をつなげておく。
同性パートナーシップ制度の「穴」

「穴」に反応してしまったら
読むしかない🤭
 
PR
PR