TOP > 政治・経済 > 菅原前経産相・不起訴処分を“丸裸”にする ~ 河井夫妻事件捜査は大丈夫か – アゴラ

菅原前経産相・不起訴処分を“丸裸”にする ~ 河井夫妻事件捜査は大丈夫か – アゴラ

15コメント 2020-06-30 19:11 | アゴラキャッシュ

菅原前経産相・不起訴処分を“丸裸”にする ~ 河井夫妻事件捜査は大丈夫か / 【編集部より】 8000字を超える長文ですが、読み応えがありますので、どうぞ最後までお読みいただければ幸いです。 昨年10月、内閣改造で初入閣したばかりの二人の大臣が、いずれも週刊文春の記事で疑惑が指摘された直後に辞任し...

ツイッターのコメント(15)

国会議員と言うのは本当に主権者国民全体を馬鹿にして自分だけは何とか助かろうとする私利私欲に塗れた、姑息で卑怯な人種だとつくづく感じる。最も恥ずべき人間が血税を貪り食ってる。 ~ 河井夫妻事件捜査は大丈夫アゴラ
“検察は、不起訴処分になった事件について、証拠も記録も開示しないので、一般的には、不起訴処分の不当性を証拠に基づいて論じることはできない。”
まずこれが不思議。
メモ<
<秘書の供述によって認められる公選法違反の犯罪事実は、3年間で約300万円のはずなのである。>
しっかりしろ、検察!
秘書に選挙区内の有権者に関する逝去の情報を収集させ(しかも、その情報を入手し損ねると、「取りこぼし」とされて秘書は罰金をとられる)

記事を読み理解。
菅原氏は怖くてひどい人😰

前経産相・不起訴処分を“丸裸”にする ~
なんて卑劣な奴なんだ。みんな知った方がいいよ。→
詳細が書かれている。郷原さんだ。

公職選挙法を的確に課せない検察、惨めだ。

しっかりしろ、検察!

法に則った判断をきっちりやってくれ。

ダメなものはだめ。
ならぬものはならぬのだ
明日発売の週刊文春の記事と併せて読むと興味深い内容。
菅原の前公設秘書二人の代理人である郷原信郎弁護士@nobuogohara が寄稿して記事
📌

郷原 信郎 2020年06月30日
郷原先生、菅原前経産相の秘書の代理人を務めていたんだ。

「現場の検察官のレベルでは起訴に向けての捜査が行われていたのに、最終段階に来て、捜査を指揮する上司・上層部と菅原氏側と間で、何らかの話し合いが行われ、不起訴の方針が決まったようにしか思えない」
「2000年に公選法違反で罰金40万円と公民権停止3年の略式命令を受けた小野寺五典衆院議員」「菅原氏の犯罪事実を正しく認定すれば、寄附行為の総額は約300万円となり、小野寺氏を大きく上回る」
郷原弁護士の強烈な問題提起。。

〉私は、昨年10月の週刊文春の記事が出た直後から、菅原氏の公設第一秘書のA氏と公設第二秘書のB氏の代理人として、文春側や菅原氏側への対応を行ってきた。

【 ~ 河井夫妻事件捜査は大丈夫か】
橋下元大阪知事が29日、コゴマスで郷原さんを名指しで批判していたのを聞いて、橋下さんへの失望感に危ないと感じた。
しかし郷原さんの方がまともだよ。橋下さん。
安倍のお仲間の1人として認識した。
収賄側もクビ逮捕でしょ/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR