TOP > 政治・経済 > 首里城火災の責任と中国“隷属”イベントへの疑問 – アゴラ

首里城火災の責任と中国“隷属”イベントへの疑問 – アゴラ

27コメント 登録日時:2019-11-01 16:18 | アゴラキャッシュ

首里城火災の責任と中国“隷属”イベントへの疑問 / 首里城は琉球処分後は荒れていたが、政府の手によって整備され、正殿は“琉球王国の祖”としている源為朝やその子の舜天王を祀る神社だった。だが、地下には軍の司令部があり、アメリカ軍からの砲撃で破壊され尽くした。 戦後は琉球大学...

ツイッターのコメント(27)

こういう読み方もあるか。瓦は本来、黒かった説もある。
@issy501 @TUGUMISAMA2 責任の擦りつけが始まりますね。やはり沖縄県はとても特殊です。
誰も自衛隊の放火兵器だとか言わないのだな……
すごい!

嘘しか書いていない記事。
新聞ではないですが、アゴラなんて県の責任を指摘しつつ、後半は訳わからない陰謀論をぶち込んできています。「中国隷属イベント」の意味が分からないし、家事との関連性も不明でしょ。
@BloombergJapan 琉球大学の移転後に国営公園となり復元整備。
2019年2月1日に管理・運営は国から沖縄県に移管。
現在沖縄県は指定管理者沖縄美ら島財団に管理委託。
国有財産を県が実質管理しているという理解。
沖縄独自の歴史や文化への蔑視に満ちた酷い文章だと思うが、特に最後の「私は沖縄総合事務局に勤務経験があり2年間沖縄県民だったから(中略)本土の人間としての立場だけで書いたものではない」ってまるで意味不明。総合事務局に2年勤めると本土の人間じゃなくなるのか?
首里城は「沖縄神社」として、琉球王の祖とされる
源為朝公、その子の舜天王、以下歴代王を祀っていたが
戦後、ご祭神は離れた公園に所在する小さな祠に移されていた...
恵隆之介氏の仰るとおり、再建するならご祭神は戻すべきですね
これは正論。問題ありまくりなので、もっと宣伝されてもいいだろう。
《「CIAの仕業だ」》《主として平安時代以降に南九州から渡ってきた人が主体》《幕末に琉球を訪れたペリーは沖縄は中国の属国でなく日本だと観察》《私は沖縄総合事務局に勤務経験があり2年間沖縄県民だった》
首里城再建に240億円の予算を投入して、国から沖縄県に管理を委任した途端に焼失。
玉城デニー知事は再建を政府に要望しているが火災原因が特定出来ていない段階では時期尚早ではないか?
県の管理責任、防災体制を問うのが先だと思うけどね。
県に管理能力が無いと判明した以上国が直轄で管理する以外に無いやろ。
業者指定も含めて地元利権を排除してな。
なにしろ国有財産やからな。
首里城の火災、火元や拡大した理由などが分からない今、推測で何かを批判することは全く理性的な対応とは思えない。アゴラなどは県側の管理を責めるような記事を何本か掲載しているし、間違っていたら筆を折って欲しいとも思う。
『また、首里城正殿については、もともとどのようなものだったか、材料が少なく、できあがったものは、過度に中国風であるという批判がされてきた。たとえば、赤い瓦が葺かれているが、もともとは黒い瓦だったとも言われる』
植民したから日本に従って当然という、この支配者意識。つまり沖縄は日本に隷属すべきだと考えているのだな。元沖縄総合事務局勤務の八幡様は、沖縄勤務時もそのようにお考えであったかねえ。

"中国に朝貢していたとはいえ、島津領であり幕府にも服属していた。"
2019年2月1日に管理・運営は国から沖縄県に移管され、折しも『首里城祭り』(10月27日〜11月3日)が開催中で、警備員に任せて帰ったそうだ。
国有の施設でわざわざ中国への卑屈な関係のみを再現する祭りの開催期間中の火事だそうだ😩
色々酷い記事だけど「中国隷属イベント」って何だよ…と思ったら沖縄デマ常習者の恵隆之介がネタ元でげんなり
隷属イベント→ 中国人使者に琉球王が三跪九叩の礼をする光景を再現して、中国人観光客に阿ていた。
気持ちの問題でそれほど金がつくなら、江戸城の公開エリアを再建して欲しいね。 450 年もの殺しあいの時代を終わらせて 260 年に及ぶ太平の世を支えた徳川政権の中枢だもの。歴史的価値だって計り知れない。 >
首里城火災の責任と中国“隷属”イベントへの疑問( )…この記事の内容は、玉城発言に私が感じた猛烈な怒りと部分的には通底するところがあろうかと思う。
最近は首里城正殿前で中国冊封使による冊封儀式を毎年行い、中国人使者に琉球王が三跪九叩の礼をする光景を再現して、中国人観光客に阿ておりました。‥
「首里城正殿については、もともとどのようなものだったか、材料が少なく、できあがったものは、過度に中国風であるという批判がされてきた。たとえば、赤い瓦が葺かれているが、もともとは黒い瓦だったとも言われる。

もし復元するなら、そうしたことも十分に検討するべき」
ふーん、知らんかったけど国から県に管理が移ったのか、しかも今年に。
しれっと国に協力要請に来れたもんだな、普通は土下座もんだよ。
首里城火災の責任と中国“隷属”
>政府の手によって整備され、正殿は“琉球王国の祖”としている源為朝やその子の舜天王を祀る神社だった。だが、地下には軍の司令部があり、アメリカ軍からの砲撃で破壊され尽くした。

地下に軍司令部か。漫画みたいな話だな。
ショッカーのアジトとかサティアンとかコロシテぽい。
“首里城は琉球処分後は荒れていたが、政府の手によって整備され、正殿は“琉球王国の祖”としている源為朝やその子の舜天王を祀る神社だった。だが、地下には軍の司令部があり、アメリカ軍からの砲撃で破壊され尽くした”
"借家人としての県の責任は免れまい。民事補償の問題も生じるかもしれない。そもそも、城郭の復元は地元の市の仕事であって、首里城は国が特別に配慮したものだから、もういちど国が負担するというのが自明の理ではありえない"
以上

記事本文: 首里城火災の責任と中国“隷属”イベントへの疑問 – アゴラ

関連記事