TOP > 政治・経済 > 台風19号:田中康夫元知事や民主党政権への批判は妥当か — 井上 孝之 – アゴラ

台風19号:田中康夫元知事や民主党政権への批判は妥当か — 井上 孝之 – アゴラ

11コメント 2019-10-20 11:48 | アゴラキャッシュ

台風19号:田中康夫元知事や民主党政権への批判は妥当か — 井上 孝之 / 今回の台風19号の被害を受けて、かつての長野県の田中康夫知事や民主党政権が批判されていますが、それは妥当でしょうか? 私の技術的な専門分野に「防災」が含まれているので、防災にかけるコストを考えるうえで参考になる「総費用最...

ツイッターのコメント(11)

@ogino_otaku 仰る通りね。

良くも悪くも民主主義。自民党政権下での公共工事への反動があの時あって、東日本大震災で裏返った感はあると思う。
民主党政権は、適切に判断したのか?
前政権を批判する事業仕分けのネタに
しただけだろ!
スーパー防潮堤はスーパー無駄遣いは
擁護できない。。
公約だった、コンクリートから人は
辻元の金だけ!
人命を無視すればこうした議論も成り立つでしょうね。というか単純に金額問題なら危険地域からの強制移住が最適解になりますが。
アゴラにすら難癖をつけられるネトウヨ防災
民主党政権への批判は妥当か

民主党はマニュフェストは良かった。
でも、実現しなかった。
野党に戻ったら批判ばかりで、議論を放棄した。
そして、周りの国に意地悪され出した。
だから、それ以降、絶対信じられなくなった。
ノブオとこで登場する書き手にしては珍しいね、まとも。トオルも八ッ場ワーワーの空気に対していい冷やし玉投げていた。いつもくだらない空気の先っぽで風車のように回っているだけのノブオは見習え。
1言で言うならば八ッ場ダムに投資するなら河川改修に回した方が得策だったと考えるべきなんじゃないのか?脱ダムとはそうした考え方でしょ?
それ以前の自民党政権は最適な防災性能を考え投資をしていたのか、という指摘: - アゴラ
どの政権を支持するかはさておき、環境政策の授業で習った懐かしいグラフがありました。
最適値においても、右か左かで議論が尽きない予想。
災害で冷静さを失った日本人へ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR