TOP > 政治・経済 > アゴラ > 情報弱者はなぜ消...

情報弱者はなぜ消費税をきらうのか – アゴラ

20コメント 登録日時:2018-12-07 07:12 | アゴラキャッシュ

情報弱者はなぜ消費税をきらうのか / フランスでは燃料税の引き上げに反対する「黄色いベスト」の暴動が起こり、マクロン政権は増税の実施を延期した。化石燃料に課税することは地球温暖化対策として合理的だが、どこの国でも増税は不人気だ。特に間接税は「痛税感」が大きい...

Twitterのコメント(20)

経済学者も増税反対は少ないですよ。
消費税増税がいいというわけじゃないが、経済学者の主流はこういう見方だよ。
情報弱者という言葉で人を馬鹿にするのが流行ってるが、さっそく便乗したらしい池田信夫はだから信用されない。> (池田信夫)
もっと政治家がこういうぶっちゃけた話をすべきだと思うんだよね、ごまかしが多すぎる /
"日本で黄色いベストを着るべきなのは、社会保険料を負担するサラリーマンである。"
@50LION @pikkori2_soccer もちろん国債に当てられる分もあるだろうけど社会保障っていうざっくりとしたカテゴリーの抱える1年の出費額って44兆円だからねー

これなんか参照してみるとおもしろい。ちょっと尖った記事だけどw
まさにこれ
@hiro28mangou これが詳しいです
社会保障費を下げるしかないのに、それを公言する政党がないのがなぁ
「日本で黄色いベストを着るべきなのは、社会保険料を負担するサラリーマンである。」<黄色制服を着よう
日本で数では到底勝てない=選挙では変えられないカモられ世代が、最後の手段として社会保障給付削減の為に暴力に訴えるのも見てみたい所。今の老人層はその昔火炎瓶投げてた層だから、「お前ら...
アホ記事だな、こりゃ。
消費税は、
低所得者層の「消費税対所得比率」が高くなり、高所得者層は低くなる、格差拡大型税制
赤字企業、失業者、低所得者、年金受給者であっても、容赦なく徴収されるという逆累進課税
騙して金儲けする側のスタンスで
騙す相手、騙された相手を情報弱者と表情する評論家
情報弱者という言葉の意味合いが本当は異なる意味で彼らが使う事についてよく分かると思います
税収減になるとか消費が冷え込むとか摘んでしか理解しないからなんだろうね
Wikiによれば日本の「経済学者、経済評論家」だそうです。
正に財務省の御用学者とも呼べる論説だ。それにフランスの暴動の真因はそれでは無く、それこそ情報弱者を欺く物で有るとしか言い様が無い。
こんな逆進性が強く非人道的な税金がありますか。反対するのが情報弱者と笑わば笑え。非正規レベルの収入は二級市民か奴隷か。
これはサラリーマンと企業から、老人への巨額の所得移転である。…日本で黄色いベストを着るべきなのは、社会保険料を負担するサラリーマンである。
以上

記事本文: 情報弱者はなぜ消費税をきらうのか – アゴラ

関連記事