TOP > 政治・経済 > アゴラ > 「シャブ山シャブ...

「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと – アゴラ

10コメント 登録日時:2018-11-13 06:30 | アゴラキャッシュ

「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと / 先日、アゴラさんで記事にして頂いた、ドラマ「相棒」で登場した「シャブ山シャブ子」の件、まだ、お読み頂いていない方、是非ご一読下さい。 ドラマ「相棒」シャブ山シャブ子の弊害 さらにこの件、本日の女性自身さんも記事にして下さ...

Twitterのコメント(10)

@hz2uHyoP7hTW9Pk @KilkilGoregore あともう一つです。

伝えるのはいいとして、ドラマだから、どうせフィクションだから、何を言ってもいい、そうじゃないとつまらなくなる、というので本当にいいですか?ということなのです。
>だからこそあのような誤解と偏見による、事実とは異なる番組を作らないで欲しい!と発信させて頂いている

事実と異なるから「フィクション」
正しい情報の発信をする事と、表現の自由を守る事は両立する。そっちも正しい情報を表現すれば良い
こういう介入が蟻の一穴になる
"では、スティグマを強め、覚せい剤事犯を危険人物とみなし、社会で居場所をなくしていったとしたら、薬がやめられるのでしょうか?ロバートダウニーJrを社会復帰させず、うらぶれたホームレスとなっていたら、果たして薬物はやめられたのでしょうか?"
宇宙的拡散希望:「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと - アゴラ
私も、依存者との接戦を持ったときの少ない経験が強烈で、その影響を感じます。冷静に考えると同様の経験は依存社以外とのほうが多く、また普通に接している人が依存者であることを気づかずにいることも多いはずなのですが。
:「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと
> それは何故かと言えば一般の方々は、厚労省の麻薬取締官や、警察庁の「人間やめますか?」「ダメ絶対」教育を受けてこられたからなんです。

麻取など、捜査官だと、うっかりと押収物に手を伸ばしたら、大変な結果を捜査体制や組織に及ぼすこともある。
保毛尾田保毛男もひどかったけど、シャブ山シャブ子もひどいなぁ…
確かに違和感あった。ふつうに雇われたプロで良かったのでは。 ⇒ 「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと - アゴラ
アゴラさんに、本日のブログ掲載して頂きました。
ロバートダウニーJrだって逮捕歴6回です。重度の薬物依存症ですが、「シャブ山シャブ子」になったりしないですよね。イメージが真実とかけ離れています。

「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと
この論争に欠けているのは、ドラマの中でシャブ山シャブ子は暴力団のヒットマンと暗示されている描写について。なお悪いと言われそうだけれど:「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと
以上

記事本文: 「シャブ山シャブ子論争」で伝えたかったこと – アゴラ

関連記事