TOP > 政治・経済 > アゴラ > 「安田純平」型ジ...

「安田純平」型ジャーナリストへの正しい政府対応 – アゴラ

33コメント 登録日時:2018-10-27 07:13 | アゴラキャッシュ

「安田純平」型ジャーナリストへの正しい政府対応 / 「安田純平」型ジャーナリストに関する是非が盛り上がる 安田純平氏を英雄扱いする朝日新聞などのリベラルメディアや自己責任論を述べるネット世論の双方が沸き上がっている。 筆者は「政府が渡航を禁止している地域に警告を無視して入...

Twitterのコメント(33)

中々面白い提案。実際問題明確な基準を作るのは難しいだろうけど、それでもただ見捨てろというよりは余程前向きな意見に思える。
自分が国になっちゃった人が書いた記事。日本政府が当然正しい行いをしたと全て「はずである」で書いてる。日本の人って自分が国になっちゃう人がすごく多いよね。
@paramilipic > 能力不足のジャーナリストの行動を抑制して納税者負担を軽減する方法の導入を

その前に能力不足の官僚や政治家の行動を抑制する納税者負担の軽減を。政治の不手際による税の無駄遣いの方が圧倒的に多い。バランスが悪い。
能力のあるジャーナリストとやらをどうやって区別するんだろうと思ったが、著者は罰金が払えるジャーナリストは能力があると判断するらしい。とうてい同意できない。
「渡瀬さんの記事」ってこれか。
危険地域に行って拘束されるようなジャーナリストに対して法律で罰則と罰金を定めろ、とか、それこそありえん提案でしょ・・・
こういう建設的な議論をどんどんやるべきだと思います。>マスメディア諸社
プロを名乗るならば自らの安全を確保しながら取材することは当然であり、今回のケースのように危機管理能力が不足したジャーナリストが渡航禁止地域に入る状況を想定した準備が必要である。
できるの?ではあるけど議論されるべき話ではあろう。その前に業界として腐り切った現状をどうにかしないといかんのでは?(件の人のようななのが持ち上げられるって沸いているとしかおもえん)
文中で無能無能言い過ぎてて、実にエスタブリッシュメントだなあと思いました
諸外国ではこうしたケースは保護対象外とされ、その国の政府が責任を負わない。
安田某のような、海外渡航能力が全く身に付いていないプロ野次馬(自称:ジャーナリスト)の無謀を抑制し、まず能力の向上に努めるよう仕向けるには、こういう「政府は全力で救助するが、その費用は最終的には自弁」という制度を作るのがいいんだろうね。
渡瀬氏『能力不足のジャーナリストの行動を抑制して納税者負担を軽減する方法の導入を』『渡航禁止地域で、取材開始直後にテロリストに拘束されるジャーナリストに対する、法律上の罰則を明確にしていないことに起因』
こういう話を聞きたいし詰めてもらいたいよね

英雄と持ち上げるくらいだから新聞が自主的に値上げして積立しとけばいいと思うの

なにせ英雄だ
英雄にはそのくらいするよね(╹◡╹)?
冷静な意見でわりと納得できる。
>能力不足のジャーナリストの無謀な行為を抑制し、優れたジャーナリストの活動を支援できる環境づくりが必要だ。

ほんとこれね。捕まる無能に情報なんて入手できないよ。
ジャーナリストに限定せず、渡航制限後に公的な承認無くそれに背いて渡航させたか或いは帰国を制止した者(自己決定者は当人)の救出に対して適用すれば、危険地帯へのブラック派遣を抑止する効果も期待できる。
一方で、助けてもらった本人が全く感謝の意を表明してないのは、果たして税金を費やす意味あるんですかね?
戦場ジャーナリスト保険ってあるといいのかも。採算合わなそうだけど…
安田純平」型ジャーナリストへの正しい政府対応
@MD9NEQJGz1dowuM @R8eru これについて、まさに同じ主張で良い記事が出ていました。

「有用な情報を、捕まらずに持ち帰る有能ジャーナリストには、もっと支援しろ」
「取材開始直後に捕まるような無能ジャーナリストには、救出にかかった費用を弁済する制度を作れ」

的確な指摘をした記事です。
お、良いじゃん。
馬鹿パヨはこれでもごちゃごちゃ言って、他人に全面的に尻拭いさせようとするんだろうけど。
コレくらいの事はしとかないとならんだろうよ。
素晴らしい提案だ!

@agora_japan
★経験に学び対策を練る…今求められているのはこういう事かも知れません。
そうなんよね…ジャーナリストは記事の質(読んでないけどなんか仕事したっけ)と併せて危機管理能力も評価されて然るべきなんよ。でも国としてこういう仕組みを実現させるのは難しいんじゃないかな、せいぜいパスポートを取り上げるくらいでしょ
安田氏の能力がどうなのか知らんが、これはいい解決方法かもしれない。/
現場に入る能力があるかないかは誰がどのように判断するのか?===
「日本政府に国民を見捨てろということは極めて難しい」←が、テロリストに活動資金を投じる負を考えると、国の制止を振り切った場合「助けません」と割り切って良いと思う。
危険地域への渡航は法的に禁止されてない。過失による罰金云々言うのであれば山や海での遭難に対する公的救助に対しても同じこと言わないとバランスとれないと思う→
渡航禁止されている地域でトラブルに巻き込まれたジャーナリストには、政府は身代金相当の罰金を科し、支持者たちが寄付で支えれば良いという提案:
@BM9A52 総合的にみてこんな感じ
これを主張している人が私のTLには多い。
会話が成り立つ方々w
うーん、結局形は違えどお金が動いたら身代金支払ったと同じだと思うな。
以上

記事本文: 「安田純平」型ジャーナリストへの正しい政府対応 – アゴラ

関連記事