TOP > 政治・経済 > 党首討論、“一人勝ち”だった国民民主党・玉木代表 – アゴラ

党首討論、“一人勝ち”だった国民民主党・玉木代表 – アゴラ

43コメント 登録日時:2018-05-31 06:45 | アゴラキャッシュ

党首討論、“一人勝ち”だった国民民主党・玉木代表 / きのう(5月30日)、1年半ぶりに行われた党首討論は、安倍首相と野党4党のマッチアップをわずか45分に押し込んだために、消化不良感こそ否めなかったが、限られた持ち時間にどの論点を充てるか、ある意味、野党党首たちの本質がむ...

ツイッターのコメント(43)

勝ち負けという次元で言えば、全員負けでしょう。
嘘にうそを重ねる極右政権を誰も止められないのだから、
勝者なしの全員負けでは?
 ↓
一人勝ちかどうかはともかく、政権批判だけでは、自分たちに政権担当能力があるということを訴えることはできない。
豹変!!いいじゃないですか。
玉木は案外やり手にみえている。
突っ込みすぎて、獣医師会からの献金をを避けたかったでけえ。ただのパフォーマンス
確かに一番マシだったw>
モリカケの話をしなかっただけで褒められる #国民民主党 の #玉木雄一郎 さん。バカにされているの気付いているかな?(笑)
昨日の録画しといて見てるけど温和に話されるとアベさん・アベ応援団は「負け」にも気づかなかったし自分が何言ってるのかわかってなかった気がするんだけど。
マスゴミは報道しなくても、こういうところを地道に行くしか無い>
これは少し意外だった。
枝野さんと玉木さんとで逆の行動を予想してた。
今までがカスすぎて0.1点ぐらいだったから、10点ぐらいの点数でも100倍改善したように見えるだけやで?
「党首討論、民民・玉木代表はモリカケを捨てて右派に一定評価されたが、55年体制的対決を好む野党支持層からはこきおろされた。野党としてモリカケを捨てることは勇気が要る決断だった。ここで怯んでしまうかどうかが注目される」
筆者はとんでもない感想をお持ちですね。
余りモリカケに首突っ込んだら自分がヤバくなるからな。
んで¥100000は何に使ったの?
へーそうだったのか。モリカケをテーマにしないというのはなかなか現実感覚があってよさそう。
もしかしてようやくまともな野党が出てきたのか?
野党でも正気を取り戻せば評価されますよね。
自分の話を補強するためにSNSの発言をつまみ食いする作り方、ネットメディアや新聞で見かけるけど左右問わず私は好かんな>
政治は世代間闘争でもあるし一般人がみたいのは普通の容姿立ち振舞いの年下が真っ向勝負してる構図じゃないかな。自民党は60前後がピークだし一回り下ぐらいで
玉木さんって実は自民党内にいても違和感ないぐらい保守的な考えなんだね
昨日の玉木さんは良かった。
さんざん悪さしてたヤンキーが捨てネコを可愛がってるのを見て、評価がガラッと変わっちゃうアレだw
まさにそのとおりです。それにしても「左翼」劣化してるよーーー戻ってこーーーい!
不良が普通に戻ったら褒められたって話でしょコレ
まだ初手の段階だから、これからやで|
モリカケやらなかっただけで一人勝ちとは。そもそも競争なのか、争う相手は野党なのか
経済・社会福祉・外交・疑惑への追求と野党がテーマを役割分担して党首討論を行えば、見応えのある討論になるんじゃないかな。
北朝鮮と同じ手法。ワーストから普通になると、よく見えるだけ。当たり前のことをして見直したと言われる日本は、野党の楽園だ。|
確かに。モリカケとかもうどうでもいい。先に進めてくれ
今回の姿勢は歓迎すべき変化だと思う。ただし、加計の件で突っ込むと自分の献金問題に火がつくと言う判断は当然あったであろうし、今後も継続できないと意味がありませんが。
玉木馬鹿じゃねぇの。
政治に勝ちも負けもあるか。政治の勝ちは、国民にとっての善政をしたときだけ。なに自己満足してんの。だから野党はダメだって言われるんだよ。(O_O)
これは評価できる。
【 】
皮肉を言えば
モリカケを追及したら自分にブーメランで返ってくる意味もあると思う でも良かったんじゃないですかね 褒めて貰えて
理由はともかく、意味のある討論だったわ
いっぽうそのころ、立憲と共産は
国民民主は与党側決定、今後は野党を名乗るな
自民党にとって怖いのは、まともに議論してくる野党だ(゚ω゚)勢力弱いからまだ相手にされんが、この路線を維持し、有能なのが出てきたら怖いかな(゚ω゚)
まともな質問をすると左派は怒るのか。そりゃあ野党が死んでいくわけよな。
モリカケを最初に触れてるが、ほとんどの時間を経済やら日米関係やらに費やしたのは大変正しい姿勢だと思う。玉木さんも全面的に支持できない背景もあるけど、この方針で頑張ってほしい。 / “党首討論、“一人勝ち”だった国民民主党・玉木代…”
2年3年とこの路線を維持しつつスキャンダルではなく政策議論を続ければ、おのずと支持率は上がってくる。
あとは直近選挙に負けたくらいで党の方向性が立憲民主のようにならなければ大丈夫!
逆だ、一人負け!!
こんな党、支持率出る分けがない!!

膿に握手されて、膿が遷っとる!!
以上

記事本文: 党首討論、“一人勝ち”だった国民民主党・玉木代表 – アゴラ

いま話題の記事