TOP > 政治・経済 > 連合ってなぜ野党共闘に執拗に反対してるの?と思った時に読む話 – アゴラ

連合ってなぜ野党共闘に執拗に反対してるの?と思った時に読む話 – アゴラ

21コメント 登録日時:2016-12-09 09:52 | アゴラキャッシュ

連合ってなぜ野党共闘に執拗に反対してるの?と思った時に読む話 / 今週のメルマガの前半部の紹介です。 連合が、自らが支援する民進党に対し、共産党との野党共闘路線に踏み切らないよう繰り返し警告しています。報道に対するリプなんかをみると、連合の頑なさに相当フラストレーション溜め込んでいる人...

Twitterのコメント(21)

@chocodad111
連合が消費税増税に拘る理由。
低所得者は眼中にないようだ。
かつてマルクスは労働者の団結による共産主義を予期しましたが、労働者が団結できるのは同じ属性の労働者との間だけ。
旧・民主党は政権時代に派遣規制強化をやって派遣労働者を40万人減らし、失業者とパートを増やしたという輝かしい戦果を挙げています。まさに連合の本音に沿った作戦と言っていいでしょう。
城繁幸さんの昨年12月のエントリー。必読。ただ連合の中でも官公労の関東とかはもうちょっと真面目な気もする。ひいき目ですけど。
衆議院解散も確定的ですので、選挙の前に有権者の皆さん必見です。
「連合ってなぜ野党共闘に執拗に反対してるの?」
「(連合は)“労働組合”といっても高年収企業の正社員中心なので、そこらの野良ユニオンなんかとはまったく毛色が違います。筆者がよく言うところの「二階建て労働市場の二階で暮らす人たち」であり、文字通りの終身雇用が保証されるエリートです」
当然の事とはいえ、連合は日本社会全体の事を考えてはいない。だが自分たちの存在も社会が壊れればなくなるのだと言う事の理解が出来ていないように見える。目先の利益しか見ていない
ざっくばらんな本音w
大企業労働組合「連合」エリートの高笑い:
「みんなが正社員になれる理想の社会を目指そうよ。
あ、実現できなかったらそれは本人の努力不足か、
経営者が悪いだけだからボクらは関係ないからね」ハハハ。
《「全員正社員化作戦」が魅力的なのは、それが絶対に実現不可能な点》《響きが美しく、絶対に実現不可能な政策というのは、既得権を持つ側にとっては実に美味しい》《彼ら(連合)の目的は解決ではなく現状維持》
左派は、その支持層や目的・利益が異なるため、共闘できないというのはわかるのですが、そう考えると、左派が共闘できている国ってすごいのかもしれませんね。いろいろな意味で。
表現にやや気になるところもあり、連合傘下の全単組がそうだとは思いたくはないが、かなり核心をついていると思う。
連合北海道だけは野党共闘推進です。組合員の多くは反対だが、上層部が共産党とどうしても組みたいようです。全国でも稀有な共産党寄りの連合。

”そうそう、旧・民主党は政権時代に派遣規制強化をやって派遣労働者を40万人減らし、失業者とパートを増やしたという輝かしい戦果を挙げています”

労働者の敵じゃね〜か。
連合の本音をズバリ。
「労働者の既得権益サイド(正社員)は、無計画な賃上げを望んでいない」
「全員正社員化という、決して実現しない理想を要求し続けるのが目的」

などズバズバ切り捨てる城繁幸さんの記事。労働問題の真を突...
保険料だと税じゃないから政府内でちょろっと数字を書き換えるだけで済むからです。まあ実態としてはサラリーマン税なんですけど。
一読推奨。
連合は組合とゆーより、上場企業正社員の利権団体。
正常な国民であれば、代々木のテロリストと手を組もうとはコレぽっちも思わないんだよねえ。w
いやー。おもしろいな。ホンネ大爆発!:
「内部留保は現金じゃない」←これは面白いまとめだね。池田さんやある種の大学の先生がインチキさが良くわかる。個別にはもうちょっと穏当な話しだけどまあだいたいそんな感じ。
【連合ってなぜ野党共闘に執拗に反対してるの?と思った時に読む話】
城さんらしい切り口。/
以上

記事本文: 連合ってなぜ野党共闘に執拗に反対してるの?と思った時に読む話 – アゴラ

関連記事