TOP > 政治・経済 > 朝鮮人労働者は「強制労働」だったのか – アゴラ

朝鮮人労働者は「強制労働」だったのか – アゴラ

25コメント 登録日時:2015-07-07 02:23 | アゴラキャッシュ

朝鮮人労働者は「強制労働」だったのか / JBpressでも紹介したが、大事な歴史的事実なのであらためて確認しておきたい。世界遺産登録をめぐって日本の佐藤ユネスコ大使は次のように発言したと報じられている。 Japan is prepared to take me...

Twitterのコメント(25)

@product1954 @ISOKO_MOCHIZUKI 韓国政府が認めているように 徴用工募集以前から 日本に 出稼ぎに来ていた労働者‼️
脳外科へ 検査へ行ったら???
「戦時中に日本の工場や炭鉱などで働いた朝鮮人労働者は32万人以上と推定されるが、その大部分は募集である」
強制?????高給にひかれての応募労働者がほとんど。しかも、日本人より厚遇。でも、重労働で逃げ出すものも。。。。「徴用工は終戦時にわずか245人」。。。
要するに、殆どの朝鮮人労働者は民間業者による募集で自主的に応募したが、実態は騙されて酷い環境で働かされたということか。国が直接徴用はしていないが、騙されて応募し酷い労働を強いられた…

池田信夫
はい。政府の歴史否定にも関わらず、強制労働でした。

ILOのケースブック(写真添付)を参考して下さい。

MT @agora_japan: 池田 信夫: …「強制労働」だったのか
『朝鮮人労働者は「強制労働」だったのか』(池田 信夫氏)①: 私も1991年に韓国で元労働者にインタビューしたことがあるが、「日本の給料が高いので出稼ぎに行ったが、労働条件がひどく、逃げようとしたらタコ部屋だった」といった証言がほとんど。
多分初めて読むちゃんとした説明だと思う
タコ部屋を否定しないようだが、すると「奴隷」状態に置かれていたことは肯定するわけだ。→『日本に行ったらタコ部屋だった』
全く慰安婦と同じ流れだよな・・・。
池田信夫ブログより、
世界の軍事博物館にいちいち「何処の誰が苦しめられたから記載しろ」とか言って回るんだろうか。
当時は朝鮮「地方」出身の「日本人」が徴用されたんだから、そもそもが的外れ。元朝鮮人とか植民地だったとか差別されていたとかは別次元の話。>
なんかなぁ。過去の妥協と同じパターンにまた嵌まった感じ。
外務省の大失態か?
「労働条件がひどく、逃げようとしたらタコ部屋だった」て、強制連行ではなくとも強制労働ではあったってことでは……まあコレは「朝鮮人を」強制労働させていた、というよりは「鉱夫全体を」だろうけども / “朝鮮人労働者は「強制労働」だった…”
池田信夫さんいわく。
徴用は国家による動員なので強制といってもよいが、圧倒的多数は募集や官斡旋であり、「多くの朝鮮人が意に反して連行され、強制労働した」という外務省のコメントは事実に反する。
役人は「あっちが勝手に言っているだけ」と言い訳すればとりあえず出世できる。国益?なにそれ査定に響くの?
「働くか、さもなくば死か」を普通に選択肢として言い放つのがブラック国家ニッポソ。 / “ - ライブドアブログ”
もうこの問題は日本の負け。
まさに「第二の河野談話」とも言うべき世界遺産登録に伴う附帯発言。問題は国内にこれを批判するメディアや野党がないこと。安倍政権の外交政策を批判するなら格好の標的なのに:
1944年の朝鮮半島からの徴工許可までは朝鮮人ブローカーによる募集であり、44年以降もできる限り抑えていた。それを強制労働と言う論理自体、ヤクザの集り恫喝と同じ。
この通りなんだよね。大使も外務省幹部も更迭して、相手に習って訂正表明をしておかないと、対立を一層深めることになる。訂正騒動のケリは外務大臣辞任でいいでしょう。 >  - ライブドアブログ
日韓基本条約で最終的に解決した。これがすべてであって、揺ぎない事実である。日本はこの姿勢を貫き通すだけです。
以上

記事本文: 朝鮮人労働者は「強制労働」だったのか – アゴラ

関連記事