生物季節モニタリング調査員・調査機関の募集 | 研究機関の適応に関する取組 | 国の取組 | 気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)

ツイッターのコメント(19)

調査員募集の詳細については、こちらも!
オンライン説明会の動画もご覧いただけます👀
市民の方々との連携で実施する「生物季節観測」。おかげさまで300名以上の方にご参加いただいています。しかし沢山の観測項目を広範囲でカバーするには、もっと多くの方のご協力が必要です。ご興味のある方は以下のページをご覧ください。
これってまだ申し込み可能なのかな、、問い合わせるしかないか、、
φ(..)
ちょっと前にラジオで聞いた、生物季節モニタリング調査員募集のページ。
生物季節調査員
これかしら

自転車乗りや市民ランナーと親和性高そうね🤓
応募しようか検討中……。
学校や動物園とかで生物季節観測できないかな、
それで生徒や一般に、
観測対象生物のことを教えてくれたりしたら、
将来的に目指している市民科学の実現が早まるかも✨
市民科学が実現したら、身近な生きものに対する意識爆上がりするだろうな、素敵だな💗
貼ったニュースは日付が古いですが、今も観測員の募集がかかっている。関係者の調整も大変そうだけど頑張ってほしいなー
気象庁が中止してしまったセミの初鳴きなどの観測、国立環境学研究所が後継して、一般からも協力者を募っています。生きもの好きに届け。。。
これで飯が食える仕事だったらなぁ。

生物季節モニタリング調査員・調査機関の募集 |
気象庁が大部分を廃止した「生物季節観測」を国立環境研究所気候変動適応センター(CCCA)が引き継ごうとしていて調査員を募集している
生物季節モニタリング調査員に応募しました!|生物季節モニタリング調査員・調査機関の募集 |
やってみようかな
生物季節モニタリングの調査員募集と。しっかり継続できる仕組みを作っていってるのは好感。 「当面の任期は3年となっております(が、途中で離任いただいてもかまいません)」とあるので、自分は難しそうですが
生物季節モニタリング調査員募集
『生物季節現象を決められた場所で継続的に観測してくださる調査員を募集しています。国立環境研究所気候変動適応センター(以下、CCCA)スタッフと連絡を取り合いながら観測し、成果を全国的に共有するとともに共著の論文としてまとめます』
以上
 
PR
PR