TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > iPS細胞 パー...

iPS細胞 パーキンソン病患者に臨床試験手術 世界初 京大 | NHKニュース

64コメント 登録日時:2018-11-09 12:55 | NHKオンラインキャッシュ

体が動かなくなる難病のパーキンソン病の患者に、ヒトのiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験の手術を、京都大学…...

Twitterのコメント(64)

これ脳出血や脳梗塞の脳血管疾患にも有効だよね!再生医療凄い!
でも脳幹には移植出来ないのかな?どうなんだろ…もう最後の砦が再生医療なんだよ…はやく実用化して欲しい。
やっと!
脊髄損傷等の神経細胞修復や操作で医科学で出来る事一気に並列で。
私の知人は元・京大教授。著名な研究所の所長も務めた。その彼は、今、パーキンソン病で苦しむ。早期の実用化を望む。
色々な難病が治る時代になってきましたね。
京都大学の高橋淳教授が仰った、治験をされた患者さんへの感謝の言葉がとても印象的でした。
京大|NHKニュース 先月、京大病院で、50代の男性患者の脳にiPS細胞から作り出した細胞およそ240万個を移植する手術を行った
現時点で経過は良好で、iPS細胞を使ったパーキンソン病の臨床試験は世界で初
京都大学の高橋淳教授が仰った、治験をされた患者さんへの感謝の言葉が印象的でした。
α-シヌクレインの異常蓄積が明らかになった現在、iPS治療もドパミンを対象にしているかぎり、薬剤と同じ対症療法であることを述べるべきである。
ついにここまできたか!
素晴らしい👏👏👏
今後に期待ですね
これでマイケル・J・フォックスも助かるかも...!?
京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授「患者さんに勇気と覚悟を持って参加してもらい感謝している。結果がすべてなので、これまで積み上げてきた研究の審判が下されると思うと厳粛な気持ちだ」
これ、うまく行くといいなぁ (=゚ω゚)ノ ☆
えーっ?つい先日パーキンソン病の特効薬となり得る新薬をiPS細胞使って発見というニュースが出たのに、iPS細胞移植で治療って、これどうなの?リスクある移植より薬の治験優先させた方が良くない?
祖母が生きている間に…と思ってもしょうがない。この治療がパーキンソン病に悩む方、その家族の方の希望になることを祈ります。
凄い!!
患者さん、先生方、基礎研究を続けてる方々皆さんの勇気と覚悟と使命感。本当に凄い。→
神経の元になる細胞を百万個単位で注入しても大丈夫なのだったら,健康な人にこの手術を行えば知力が向上するのか?すごい世の中が到来しそう。(-_-)
埋め込む場所がそこでいいのかとか疑問はあるけど、うまくいくといいなあ
パーキンソン病というと、オリンピック開会式のモハメド・アリを思い出す
「iPS細胞、パーキンソン病患者に世界初の臨床試験手術 京大」NHK

「パーキンソン病患者にヒトiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験手術を京大が世界で初めて実施した。今後、安全性や有効性を確かめたうえで保険適用される一般的な治療法にする事を目指す」
俺は!マイケルJフォックスが!素晴らしいコメディを演ずるのを!見たい!
「今回の臨床試験は、iPS細胞から神経伝達物質であるドーパミンを産生する「ドーパミン神経細胞」の元となる細胞を作り出し、大脳の被殻と呼ばれる部分に移植するものです。」
日大と北海道大学の研究補助金をそっくり京大に回してほしいですよ!
今後、問題がなければこの患者にさらに240万個の細胞を移植、新たに6人の患者に手術を行い、データを集めて安全性や効果を検証、保険が適用される一般的な治療法にするための国の承認を受けることを目指す計画。
朗報、来る❗
「グループは今後、(中略 保険が適用される一般的な治療法にすることを目指す計画です」
「ホモ・デウス」の予測とは違い、日本では先端医療と保険適用はセットになりそう。
この方がいい。
ついに臨床試験に入ったか。
すごい。うまくいきますように。
すごい
ちょっとSF的な進歩
臨床試験・・成功例が出てくるのは時間の問題かな?素晴らしいですね?
でも、一般化しても治療費はかなり高額なんだろうね?
京大すごいな...脳に人工的な細胞入れたってことよね? /
、、、これが上手く行けばマイケル・J・フォックスも....
京大病院で、50代の男性患者の脳にiPS細胞から作り出した細胞およそ240万個を移植する手術を行ったことを公表しました。
グループは、今後、問題がなければこの患者にさらに240万個の細胞を移植するほか、新たに6人の患者に手術を行います
上手くいって欲しいですね✨

神経細胞というのはあまりにも複雑です
そして、非常に高度な事なので、リスクも高いでしょうが、良い方向へと
少しでも難病が治療可能な病気になりますように・・
IPS細胞の可能性は凄いな。
ついにきた。
明日の外来は、患者さんにいろいろ聞かれそう。
あと5年早ければな…。
ついに移植が実現しましたね。

パーキンソン病のようにある物質が不足して生じる疾患には、このように移植して補充するという治療の効果は高そうです。

実際に効果が出るのか、期待しています。...
体が動かなくなる難病のパーキンソン病の患者に、ヒトのiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験の手術を、京都大学のグループが世界で初めて実施しました。
ヒトのiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験の手術を実施したそうだ。経過は良好だということなので,ぜひ成功させてほしい。

【 - NHK NEWS WEB】
『現時点で経過は良好だということで、グループは今後、データを集めるなどして、安全性や有効性を確かめたうえで、保険が適用される一般的な治療法にすることを目指す』
上手く行ってくれーー
ついにこの時が来た!>
ほう。うまくいくとええのう。
『 京大』
経過が順調でありますように🙏
症状が改善しますように🍀
そういえば、このIPS細胞で騒がれた人の顛末ってどうなったんですかね?
すっかり報道されなくなって久しいのですが、結局ギョーカイの金持ち達の陰謀に潰された可愛そうな人なのか、それとも本気で虚実を謳った不届き者なのか?
結局白黒は着いたんですかね?
臨床試験手術実施。
成功しますように。。
すごいな、手術自体は大変だろうけど、それさえ行えば治るようになって「難病」じゃなくなりますように🙆🏻‍♀️
簡単な話じゃないんだろうけど、脳に移植することもできるんだな。なんかiPS細胞凄すぎだわ。
パーキンソン病で世界初のiPS細胞移植手術。先日はパーキンソンが脳由来ではなく虫垂から始まっているとの研究成果も発表された。結核と同じで脳の病気も治るのが当たり前の時代が来るのだろうか
期待されていたiPSのパーキンソン病への手術は今後の再生医療へ大きな一歩を踏み出しましたね。
体が動かなくなる難病のパーキンソン病の患者に、ヒトのiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験の手術を、京都大学のグループが世界で初めて実施しました
現時点で経過は良好だということで、グループは今後、データを集めるなどして、安全性や有効性を確かめたうえで、保険が適用される一般的な治療法にすることを目指すことにしています。
| NHK
お!来たな!良い成果が得られますように
以上

記事本文: iPS細胞 パーキンソン病患者に臨床試験手術 世界初 京大 | NHKニュース

関連記事