TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > がん治療薬の最適...

がん治療薬の最適な投与期間は? 大規模臨床研究を実施へ | NHKニュース

11コメント 登録日時:2018-10-13 18:44 | NHKオンラインキャッシュ

オプジーボなどのがんの治療薬について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べる大規模な臨床研究を国立がん研究セン…...

Twitterのコメント(11)

オプジーボなどのがんの治療薬について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べる大規模な臨床研究を国立がん研究センターなどのグループが始めることになりました。研究グループは「投与期間を短くできれば、副作用の抑制や医療費の削減につながる」としています
投与期間とか検討してなかったのか?効果の割に副作用が大きいんだよね。
藤村さんは副作用に悩まされました。特に下痢がひどくなり、多い時には1日に17回もトイレに駆け込み、夜中に眠ることができないこともあったといいます。
過剰投与が無くなった分を他の患者へ投与できるから薬価を下げられる。患者負担が減って長生きする人が増えるのは素晴らしい。そうなるとまた年金が減るから、老後に向けた資産形成が更に重要になる。
国立がん研究センターなど全国40以上の医療機関が、オプジーボなど免疫力を高めるがんの治療薬について、適切な投与期間を調べる大規模な臨床研究を始めることになりました。
国立がん研究センターなど全国40以上の医療機関が、オプジーボなど免疫力を高めるがんの治療薬について、適切な投与期間を調べる大規模な臨床研究を始めることになりました。
| NHK
"オプジーボを投与されている患者の中には、がんが小さくなるなど効果が出た一方で、重い副作用に苦しむ人もいます。"

なるほどね。なら本庶さん、HPVワクチン「ぜひすすめて」なんかも言えるかもね。
オプジーボなどのがんの治療薬について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べる大規模な臨床研究を国立がん研究センターなどのグループが始めることになりました。研究グループは「投与期間を短くできれば、副作用の抑制や医療費の削…
今までの治療成績を見て、オプジーボなどの薬を「途中でやめても効果は変わらない層がかなりの割合でいる」というのが示唆されています。
年間の薬剤費が年間1千万を超えるものも多くな...
オプジーボなどのがんの治療薬について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べる大規模な臨床研究を
以上

記事本文: がん治療薬の最適な投与期間は? 大規模臨床研究を実施へ | NHKニュース

関連記事