TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > ノーベル経済学賞...

ノーベル経済学賞にアメリカの研究者2人 | NHKニュース

18コメント 登録日時:2018-10-08 19:06 | NHKオンラインキャッシュ

ことしのノーベル経済学賞に、いずれもアメリカの研究者で、イェール大学の教授、ウィリアム・ノードハウス氏とニューヨーク大学…...

Twitterのコメント(18)

今年のノーベル経済学賞は米国のノードハウス氏とローマー氏に贈られました!

ノードハウス氏は長年、気候変動と経済成長の関係を研究。炭素税の提唱者で知られます。当研究所の増井室長「統合評価モデルの発展と気候政策に多大な功績があり、今後の対策にも弾みがつく」🐰ぐら
*今朝のニュースから
ことしのノーベル経済学賞に、技術革新と気候変動が経済の成長に与える影響についての研究を切り開いたアメリカの研究者2人(イェール大学の教授 ウィリアム・ノードハウス氏とニューヨーク大学の教授 ポール・ローマー氏)が選ばれました。
ローマー氏は、経済成長に欠かせないのは労働力と資本だとする従来の理論に対し、研究開発などによる技術革新、いわゆるイノベーションや、アイデアが重要な役割を果たすという理論を提唱
ノーベル経済学賞にアメリカの研究者2人| ノードハウス氏は温暖化などが経済成長に及ぼす影響を数値を使って分析する新たなモデルを開発 ローマ-氏の理論は「内生的成長理論」と呼ばれ、各国の成長戦略に大きな影響
★|ノーベル経済学賞にアメリカの研究者2人-
温暖化などが経済成長に及ぼす影響を数値を使って分析する新たなモデルを開発したウィリアム・ノードハウス氏
経済成長に技術革新が重要な役割を果たすという「内生的成長理論」を提唱したポール・ローマー氏
いやー、ついに…
気候変動と経済の動きってこの前の太陽黒点説ばりの話なん?
ローマー氏はシュンペーターの経済史理論をマクロに持ち込んで受賞した感じやなあ。名前は聞いたことある。

ノードハウス氏はよく知らない。
ことしのノーベル経済学賞に、いずれもアメリカの研究者で、イェール大学の教授、ウィリアム・ノードハウス氏とニューヨーク大学の教授、ポール・ローマ-氏の2人が選ばれました。
「ノードハウス氏は気候変動が経済の成長率に与える影響についての研究が、ローマー氏は技術革新やアイデアが成長率を決定するという理論」なるほどわからん
"2人はマクロ経済学の「内生的成長理論」と言われる研究が評価されました"
>ローマー氏は技術革新やアイデアが成長率を決定するという理論を確立した

そうすると、やっぱここ10年で産業構造入れ替わったアメリカ強いよなあ。そういう国なんかな
…そして今年も、日本人は選ばれなかった(ノーベル経済学賞)。
平和賞と経済学賞には日本の先生は全くおよびでないね。
今年のノーベル経済学賞は、経済成長理論のポール・ローマーとノードハウス。
>2人はマクロ経済学の「内生的成長理論」と言われる研究
>ノードハウス氏は気候変動が経済の成長率に与える影響についての研究が、ローマー氏は技術革新やアイデアが成長率を決定するという理論を確立したことが評価されました。
ことしのノーベル経済学賞に、いずれもアメリカの研究者で、イェール大学の教授、ウィリアム・ノードハウス氏とニューヨーク大学
田中秀臣先生惜しくも落選か?!
以上

記事本文: ノーベル経済学賞にアメリカの研究者2人 | NHKニュース

関連記事