TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > ”垂直避難”さえ...

”垂直避難”さえも困難だった 倉敷市真備町の死者8割が自宅で | NHKニュース

15コメント 登録日時:2018-07-12 15:26 | NHKオンラインキャッシュ

今回の記録的な豪雨で氾濫した川から大量の水が押し寄せた岡山県倉敷市真備町で亡くなった人のうち、80%近くが自宅で見つかっ…...

Twitterのコメント(15)

検証は必要だけど。近頃「垂直避難」の言葉は聞くようになってきた。でもそれは「2階以上なら安全なとき」に限ることでもあるので不安ならもう少し大丈夫なところへ早めに移らないといけないなぁ。
2階に行けるというのといざというとき2階に避難できるかは同じじゃないということになるのかな。(きついけど)階段上がれるから大丈夫と思わず先にあがっといた方がいいわけか
2階に上がれない高齢者、もしくは平屋建ての住人。せめて河川水位や氾濫危機の現地情報が、伝わっていたらと思う。テレビのマスメディアには、各地域の個別の危機を伝えるのに適していない。 / "
2階にも上がれなかったとは

倉敷市真備町の死者8割が自宅で | NHKニュース
"緊急時に建物の2階以上に避難するいわゆる「垂直避難」" / ""垂直避難"さえも困難だった 倉敷市真備町の死者 8割が自宅で | NHKニュース"
4.8m浸水すると、2階でも厳しい。高基礎とか3階建てとか、地区計画か何かで義務づけられるないのでしょうか。→
母親も寝てる時なら、起き上がる→二階到着まで5分はかかる。絶対困難だわ
せいぜい床上浸水程度と思ってしまったんだろうな… --
最も深いところで4.8メートルほどまで水につかったと国土地理院は推計していて、1階部分が完全に水につかる住宅も多くありました。 / | NHKニュース:
県などによると死亡した高齢者が「玄関」付近や「1階の居間」などで見つかるケースが相次いでいて、緊急時に建物の2階以上に避難するいわゆる「垂直避難」さえも困難だった実態が明らかになりました。
今回の記録的な豪雨で氾濫した川から大量の水が押し寄せた岡山県倉敷市真備町で亡くなった人のうち、8
真備町では50人も死んだのか。夜中だったのが災いした。同じ堤防決壊でも鬼怒川が日中に決壊した常総市では死者ゼロだったと記憶。
こういう地域は敷地が広くとれて、二階建てではない家が多い。→
以上

記事本文: ”垂直避難”さえも困難だった 倉敷市真備町の死者8割が自宅で | NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース