TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > NASA「愛する...

NASA「愛する人が危篤に」火星探査機と通信途絶える | NHKニュース

45コメント 登録日時:2018-06-14 09:09 | NHKオンラインキャッシュ

火星では現在、激しい砂嵐が起きていて、火星から画像を送り続けてきた探査機「オポチュニティー」と通信できなくなっていると、…...

Twitterのコメント(45)

オポチュニティ「電源を切る機能が無いので稼働し続けている」ってのがなんだか可愛くて好きだった。復旧できればいいなあ。◆
宇宙人から見たら、オポチュニティーも、なんて原始的な探査機なんだって思われてるかも。
火星では現在、激しい砂嵐が起きていて、火星から画像を送り続けてきた探査機「オポチュニティー」と通信できなくなっていると、NASA=アメリカ航空宇宙局が発表。NASAは、砂嵐が収まるのを待って復旧を図ることに。
科学者のロマンチック表現、好き。
がんばれ!がんばれ!!
はやぶさの最後の写真とかもそうですけど、こう、無機質なものに一方的に感情と感傷を見出しちゃって勝手にホロリときてしまう。
「オポチュニティーは、2004年1月に火星の表面に降りたったあと、3か月とされた活動期間を大幅に超えて、14年以上たった今も詳しい画像を送信し続け、地質などの分析に貢献しています。」14年もたったら愛も芽生えると思った/
↓先に見出しだけ見て、火星探査機が「愛する人が危篤に」と通信してきたあと反応しなくなるSFミステリーロマンス展開かと思った。種族(?)を越えた愛。
いつの間に有人探査したのかよと思ったら /
オポチュニティー、あなたは孤独な火星探査を14年以上も続けているのね。どうか無事でいてください。
すごい。"オポチュニティーは、2004年1月に火星の表面に降りたったあと、3か月とされた活動期間を大幅に超えて、14年以上たった今も詳しい画像を送信し続け、地質などの分析に貢献しています。" / "NASA「愛する人が危篤に」火…"
3ヶ月のはずが14年も火星でひとりぼっち…。まるでピクサー映画のウォーリーじゃないか!
この表現ができる人と組織と社会に嫉妬❤️
オポチュニティー、持ち直してくれ……
釣りタイトルかw /
がんばれオポチュニティー···
原文の「in a coma」は「危篤状態」ではなく「昏睡状態」ですNHKさんしっかりしてくださいな。
3ヶ月の予定が14年、、

将来、動かなくなったコイツを回収する日が来るんだろうな。
そん時は、実況してほしい。
3か月が14年ってすごいな~~ キュリオシティと会ったりとかはないのかな 広いしねぇ
どうか生きとくれ /
オポチュニティー頑張れ!
壮大な遠距離恋愛、もうちょっと続くといいね。
僕だったらいてもたってもいられなかったかも。
ガンバれ!!! 【
[3か月とされた活動期間を大幅に超えて、14年以上たった今も詳しい画像を送信し続け]
これは見事。
ベーダーの一味~
3ヶ月の予定だったのが14年以上も探査続けてるって一文でうるっときてしまった。(弱い)
当初の予定では3ヶ月のところ14年も頑張ってるのか。
オポチュニティにもついに「その時」が来たんですかね
火星のような極限環境で14年も稼働していたのがすごい |
え、もともと3ヶ月の予定だったの!?
頑張れオポチュニティ📣
おお、、、心配。
オポチュニティーーーーーー!!!! /
アルマゲドンかな?
3ヶ月→14年って凄すぎる。 /
火星では現在、激しい砂嵐が起きていて、火星から画像を送り続けてきた探査機「オポチュニティー」と通信できなく
なかなか火星にいけないねぇ…火星人に邪魔でもされているのかな??
2010年3月のスピリット通信途絶以降、頑張ってきたのに。
> 3か月とされた活動期間を大幅に超えて、14年以上たった今も詳しい画像を送信し続け、地質などの分析に貢献しています。
リアルに「火星の人」だな。原作また読み返したら面白そう。
はやぶさが地球に戻ってきた時の最後の写真に涙した人も多かろうが、これもまた涙目もの。なんとか復活してほしいもの。
探査機オポチュニティーは砂嵐の中にあるため、通信できなくなっている
太陽の光が届かないために充電できないうえ最後に通信できたときは、表面の温度が氷点下30度にまで下がっていた
きっと火星人が防御しているじゃない、彼等は地球から来た探査機という事を
知っていますからね
以上

記事本文: NASA「愛する人が危篤に」火星探査機と通信途絶える | NHKニュース

関連記事