TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 子宮頸がんワクチ...

子宮頸がんワクチン接種勧奨中止から5年 再開には賛否 | NHKニュース

22コメント 登録日時:2018-06-14 05:13 | NHKオンラインキャッシュ

子宮頸がんワクチンについて、国が接種の積極的な呼びかけを中止してから、14日で5年になります。この間、国内でのワクチンの…...

Twitterのコメント(22)

ワクチンは危険とか言ってる人種は水素水とかありがたがってると思う
遅まきながら、自分で稼いだ俸禄を注ぎ込んで、やっとこさ子宮頸がんワクチン初回分をつい2週間前に接種した私がその横を通りますよーっと。
この記事は非常にわかりやすいなぁ

双方の視点がちゃんと描かれている
「将来、日本だけが子宮頸がんを予防できない国になりかねない」私は娘が対象年齢になれば必ず接種させます。 /
厚労省は有害事象を副反応(疑い)というのほんとやめるべき。「10万人当たり92.1人に副反応が疑われる症状が報告された」これ有害事象の数字でしょ、副反応それ自体の数字はこれより小さいっていったってどう小さいか(ry
ワクチン反対派は低い低いって言ってますが頸がんが年間1万人罹患なのを考えると十分画期的な数字だと思いますけどねぇ
曲がりなりにも子宮頸がんワクチンの現況を報じているのは意義あり。ただし、両論併記に逃げてるんだよな…不安を煽ったのはマスコミなのに。それでもスルーを決め込む大新聞よりはマシか。
記事によると、ワクチンを接種しても防げるのは10万人あたりたったの859人。なぜこんなにも効果の低いものを推めるのか。
(๑ ì ᴗ í )<両論併記の良記事。疫学に基づいた科学的な判断をするには時間が掛かります。私たちは薬害エイズ、タミフルの異常行動など過去の騒動から学ばなければなりません。
"厚生労働省は、ことし1月ワクチンの調査結果をまとめ、接種によって10万人当たり最大859人の子宮頸がんを防ぐ効果が期待される一方、10万人当たり92.1人に副反応が疑われる症状が報告されたとしたうえで" / "子宮頸がんワクチ…"
1人も副作用を出さないために99人を病から救うことを諦めるという社会のメッセージ /
はよ再開しなさい!
副反応自体がデマであることをもっとはっきり言ってほしい。薬害デマを撒き散らしたマスメディアの責任として。 /
ダメな両論併記って感じ→
宗教と科学の戦いに似ている
滅ぼしたくてしょうがないんでしょうね、事故政権^o^;///
熱心にワクチン接種を呼びかけていた創価公明党は知らぬ顔を決め込んだまま。来年は統一地方選があるのだから副作用を起こした被害者に山口那津男公明党代表は誠意ある対応をすべきでは!
接種勧奨中止から5年
賛否って(^◇^;)
副作用をきちんと認めて対策を行った上でないと再開は難しいかも/
なんでネイチャー等の主催するジョン・マドックス賞を受賞した
村中璃子氏の意見が反映されてへんのや❓
以上

記事本文: 子宮頸がんワクチン接種勧奨中止から5年 再開には賛否 | NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース