TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > iPS細胞応用の...

iPS細胞応用の心臓治療を初実施へ 国の審議会が了承 | NHKニュース

12コメント 登録日時:2018-05-16 11:59 | NHKオンラインキャッシュ

体のさまざまな組織になるiPS細胞を使って重い心臓病の患者を治療する、大阪大学の臨床研究が16日、国の審議会によって了承…...

Twitterのコメント(12)

「iPS細胞を使った心臓病の治療の研究は、世界で初めてだということで、研究グループは、今年度中にも1例目を実施する」 /
すごい!!!これ承認されたんだ!!是非とも成功して欲しいものですね(´ω`)
成功して、発見から臨床へ、どんどん前に進むといいですね。
ips細胞を使った治療が一歩前進して嬉しい。パーキンソン治療もips細胞を脳に注射するらしいのだが、私の母のように、かなり進行してしまった高齢者は体力的にも無理だよね…💧 それでも何とか一縷の望みを持ちたい気持ちです😢
国の審議会が了承|NHKニュース 「心筋細胞シート」は、iPS細胞から心臓の筋肉の細胞をつくりだし、厚さおよそ0.1ミリ、大きさ数センチのシート状に加工
未々、希望が出てきた!
頑張ろ❗
人の命は待った無し
素人抜き、有識者審議でスピード決裁が良い
網膜の臨床研究に続いて心臓治療も実施とのこと。
課題も多いようですが、早く実用化出来るよう国も充分な投資、援助をするべきですね。
すげえついに実用化され始める兆しが見えてきた…!!
倫理や公益性含めて総体的にみても、本当にスゴいこと。 / (NHKニュース)
体のさまざまな組織になるiPS細胞から作った心臓の筋肉の細胞をシート状にして重い心臓病の患者の心臓に直接貼りつける手術を行い、機能の回復を目指す臨床研究
速報!

iPS細胞を使った心臓病の治療の研究は世界で初めてだということで、研究グループは、今年度中にも1例目を実施するということです。
以上

記事本文: iPS細胞応用の心臓治療を初実施へ 国の審議会が了承 | NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース