TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 世界消費量の数百...

世界消費量の数百年分存在 日本の海底にレアアース 研究チーム | NHKニュース

18コメント 登録日時:2018-04-10 18:52 | NHKオンラインキャッシュ

ハイテク製品に欠かせない希少な金属「レアアース」が、日本の排他的経済水域の海底に世界の消費量の数百年分存在しているとする…...

Twitterのコメント(18)

日本、一緒に資源国になって経済復活?
久々にいいニュース。採掘可能かは分からないが。
どれだけ投資したら掘れるようになるのかも書いて欲しいですね /
ハイテク製品に欠かせない希少金属が、日本の排他的経済水域の海底に世界の消費量の数百年分存在している事が分かりました。

とりあえず太平洋側でよかった。
レアアースと日本の産業の相性はバッチリ👍

あとは掘り出す技術の開発に期待。
これ超大事なニュースやな。
中国が南鳥島の領有を宣言する日も近いな。
また中国がちょっかい出してきそう。
実際に採取できるよう技術開発を進めたい」と話しています。
やったね。埋蔵金。 >>
南鳥島近海のレアアースの話は何年か前にもあったよな?
場所を公表するなよ。某赤い国がたかりに来るだろ。
日本の排他的経済水域にレアアースが💰💰💰

嬉しいけど、中国を思い浮かべて、何か嫌な予感…😖
はいはい、採掘、精製コストがペイしないやつね
資源がなかった日本にとって、これ朗報だね!
今は中国が85%を供給。
やったぁ😊
将来、レアアース大国に!?
期待が持てるニュース。が、取り出すのが難しいんだよな。知恵の絞りどころ。(NHKニュース)
> 日本の排他的経済水域にある南鳥島の南側およそ2500平方キロメートルの範囲の25か所で海底の泥を採取
以上

記事本文: 世界消費量の数百年分存在 日本の海底にレアアース 研究チーム | NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース