News Up 母を悩ます“3歳児神話” | NHKニュース

131コメント 登録日時:2017-11-13 20:55 | NHKオンラインキャッシュ

「かわいそうに、こんな小さい時から保育園に預けて」 働くお母さんがよく言われる言葉です。その背景にあるのは“3歳児神話”。『3歳までは母親が…...

Twitterのコメント(131)

3年と言う時間のとらえ方だな。中高は3年だけどかけがえのない時間、就職して3年は諦める為に十分だとされる時間。個人的には生まれて3年なんて、疑うことを知らない子供には超大事な時間。
気にしないのが一番。自分は自分。→
それぞれ家庭の事情があるだろうに「小さなうちから預けるなんて可哀想に…」とかお節介だよ。保育園という社会に出て、子供自身が得られる経験と成長がたくさんあって私は感謝している
「もう保育園に預けているの?かわいそうに」と言ってくる人、いますね。
誰もそんな「真実」なんて最初から話題にしてないし、もし次にそれを言い始めたら、今度は核家族も差別されるだけじゃないのか。
「というのは真実」
なぜ母親"だけ"が3歳までの子供のすべてを背負わなきゃいけないんだ。保育士さんは保護者の教育もしてくれるプロだし、家族も地域もあるぞ。特に「月齢が上のお友達」の影響はすごい。 /
「影響があるのはこんなこと
それは「『お母さんの心の健康』、『夫婦仲』、保育園などの『保育の質』で、これらは子どもの発達に影響し問題行動にもつながるとされています」 アー
通りのおばあちゃんにもよく言われるけど、、娘①みてくれよ、この子も保育園行ってたって言うと言葉が減っていく、ドヤ??な母ʕʘ‿ʘʔ
これに尽きるな、ウン。

News Up 母を悩ます"3歳児神話" | NHKニュース
結局、「みんなで」子どもを愛そうぜ、ってことだよね。
「いまだに3歳児神話が信じられていて、人間の歴史や文化はこんなにも変わるのが遅いのかと思う」子供の発達に影響するのは「『お母さんの心の健康』、『夫婦仲』、保育園などの『保育の質』」
なんて、説得あるエビデンス出せといえば済む話。
「子どもがかわいそう」と言われたら、誰が、いつ、なぜ可愛そうなのな細かく問えば相手は行き詰まる。
ただし、相手からは嫌われます😪
みてる:
"大事なのは3歳までにしっかり愛情を受けられるような環境を作ること、そして働くとしても寝かしつける際に絵本を1冊読んであげられるくらいのゆとりある働き方を社会が若い世代にさせなきゃいけない"
同意 > 「母親が3歳まで子育てに専念するかどうか"それだけで子どもの発育が決まることは決してなく、母親の心の健康や子どもにとっていい環境をどう整えるのかなどが大切」/
「当時の日本は父親が働き、母親が家事育児を担うというスタイル。そのスタイルに報告がなじみやすかった」 /
びっくりする。まだ流通してるのかと思うと…。愛情は母からだけでなく複数から受けた方がいいし、もっと言えば、「3歳まで」と区切るのも不思議。
「日本で269組の母子を12年間追跡調査した。その結果、3歳未満で母親が働いても、問題行動や母子関係の良好さに関連性は認められなかった」
お母さんの心の健康と夫婦仲と、保育の質が大切って書いてある。
4月から復帰予定だけど勇気出た。
何回でも言うけど、こんな低育児スキル&体力無し親に育てられるよりよっぽどいいよ保育園。間違いなく子供の為に良き事と信じて預けてる。3歳まで私だけで育てると思うと子供の良い時期を無駄にする感さえある。 /
祖父母に頼れない環境で3歳児の母働かせたら、本人メンヘラるか格安下女必要になるので新しい形で | NHKニュース
大日向さんの話ではまず、「 | NHKニュース
ただ、欧米と日本の働き方はずいぶん違う。
"は修正が必要。母親だけでなく、父親や祖父母、地域の人などさまざまなところから愛情を受け取れる」
何でも母親のせいにするのは、いい加減にするべき。30年経っても何も変わらない日本。
「「日本で269組の母子を12年間追跡調査した。その結果、3歳未満で母親が働いても、問題行動や母子関係の良好さに関連性は認められなかった」という研究結果をまとめています。」/
3歳までが非常に大切な時期は真実だからこそ、両親だけ等狭い世界に閉じ込めるのではなく、むしろ積極的に保育園へ通わせ、両親は勿論ほかの色んな人たちもあなたを大事に思っているんだよってのを体感させるべき派 /
働いてる、おうちにいる、どちらも夫婦仲良くにこにこしてればいいと思う。その家庭の数だけ育て方があってもいいと思うな。絶対的正解はないからこそいろいろあっていいんじゃないかな
メモ✍️
愛情たっぷりかけられるなら後ろめたさなく保活に専念していい
神話はいつまでも神話として残るのかなあ。
結局、現状では神話通り親が家の中で3歳まで育てるのがリスクの少ない選択ってことにならんか?(そういう社会が正しいかどうかは別として) /
❏ これは良記事。ただ、質の問題となると、これを満たすには母親の就労問題より重いかも。「この時期に愛され自信を持ち人を信じる心を育むことは崩してはならない」
言われたなぁ〜まぁ、信じないけど。
預ける母親が悪いのではなく、預かる保育園に問題があり、こういう考えが生まれたと思います。
保育の質がよければ、家庭にい続けるより色々な経験出来るから、0〜6歳の保育園・幼稚園・こども園は早く無償の義務教育にして欲しい。小学校入学時点で家庭による差が少ない方が楽じゃない?
"は修正が必要。母親だけでなく、父親や祖父母、地域の人などさまざまなところから愛情を受け取れる」。

母を悩ます"3歳児神話" | NHKニュース
「大切なのは安全な環境で愛情をもって養育されること。それはお母さんだけでなく、お父さん、祖父母、シッター、保育士などある意味、複数の人からでも大丈夫なのです」
母親の捉え方の問題なら、「気にするな」で済むけれど、しつこく干渉してくる人とは縁を切るレベルの対応が必要。
時代の変化に思考が追いつかない人、よくいるから。
人間ひとりひとり違うんだから正解なんてひとつなわけないって 頭ではわかってるからこそ、他人から発せられる何気ない言葉に悩んだり傷ついたりしちゃうんだろうな。
3歳までは重要な期間であるが、母親の就労が問題なのではなく、母の心の健康・夫婦仲・保育の質が問題。
実にいい記事。母乳神話についてもどっかで書いて欲しい。あれも水質に問題がある途上国の一部地域における対処法についてもWHO報告書がトリガーだった記憶がある。
「ネットで見たから」「テレビで見たから」っていう思考停止かーちゃん多すぎ。
「3歳までが非常に大切な時期」は正しいからママと子どもの2人だけで過ごしたら可愛そうかも?パパ・祖父母などの家族、ペット、ご近所さん、保育園で同年代のお友達‥、様々な環境が子どもに良い刺激になりそう /
研究者へのインタビュー中心のちゃんとした記事
朝から泣かすなよ、NHKさん…
/
まぁ、結局周りの言うことに惑わされないメンタリティが大事。後、ほとんどの保育士さんは偉大です。頭があがりません。 /
わたしの経験と反省でしか言えないけど、育児に専念しようが保育園に入れようが関係なく 「母親が余裕を持って育児できるか」が 大切だと思う。
保健所の所長をしていた医師が話していたことに、必ずしも母親に育児を託さなくても良い…つまり、様々な要因で育児には向かえない状態の母親もおり、その場合には積極的第三者に乳幼児の保養育を託した方が良い場合がある…と。
良い記事ですね。連絡帳真面目に書こうっと
『お母さんの心の健康』、『夫婦仲』、保育園などの『保育の質』が子供の発達に影響する。大切なのは安全な環境で愛情をもって養育されること。
母ひとりに責任を押しつけちゃだめ。
結局3歳が重要という話の根拠はよくわからないなと思った 「3歳まで放置された子供はその後良い環境で育てられても回復が遅いけど2歳なら間に合う」みたいな話でもあるのかな
" について。
いいお話です。
"「(前略)2歳以前で母親が働いていても5歳時点で学習の能力や問題行動などで関連は認められなかった」
「母親の就労は発達へのリスクにも利点にもならなかった」"
母は自営業で忙しく働いてたけど、思い出すのは強く抱きしめられてお尻モミモミされながら眠った記憶したかないのよね。
愛されて、信頼されているって自信をもらって育ててもらいました。わたしもそうしたい。
269組だけで判断するのはどうかな。アメリカにも報告があるようですっていうのも(笑)
幼稚園を経営する杉並区議に教えてあげたい。
今頃何を言うてんのかしら?
3歳児神話なんか神話なんだから事実でないに決まってるじゃん。そんなことより、子を育てる大人を、家庭生活の余力を残さないくらい使い倒す搾取を問うてくれ。
この中にある「働く」の定義は非常にむずかしい。大手企業に復帰するならともかく、ゼロからキャリアを積み上げていくとなるとゆとりある生活は成し遂げられないだろうな。
「3歳児神話」があるとすれば、その時期にたくさんの愛情を注がれてるかどうかであって、それは母親に限った話ではない、ということの模様。
それが父親や保育士さんでも同じ。
母親が働く働かないは関係って当たり前やん。親が子どもに関心あるかないかと3歳児神話という表現が問題。3歳までの子どもとそれ以降の子どもは大きく違う事実を知る必要はある。「
愛情は量より質というか、別に預けちゃいけないわけではない。一緒にいる時にちゃんと愛情注いでいれば問題ないでしょ
世のお母さんたちが追い詰められずに過ごせるといいね
量より質。育児は母親のものでなくみんなのもの。大切な瞬間の積み重ねを当たり前と素通りせずに向き合っていく。|
"いまだに3歳児神話が信じられていて、人間の歴史や文化はこんなにも変わるのが遅いのかと思う"
神話です。丙午の話もそうだけど日本は文化が変わりにくい。
子どもの成長には子どもを取り巻くすべてが大切。
こういう話を読むたび思うんですけど、「愛情」ってなんなんだろうね
三歳神話の元ネタの解釈の仕方に問題があったのか
そんな神話あるのか……同調圧力が凄そう
2歳以前で母親が働いていても5歳時点で学習の能力や問題行動などで関連は認められなかった
母親の就労は発達へのリスクにも利点にもならなかった
3歳児神話のことは知育教材のセミナーやアムウェイ信者から聞かされたことがある。そういう怪しいビジネスで、うまく使われている印象がある。
大事なのは母の心の健康・夫婦仲・保育の質と明言されている。それでもなお3歳までは母親が!と言われるのは、誰かのせいにすれば楽だから?/記事内の連絡帳の写真にじーんときた。 /
家族で、社会で育てなきゃね。

"
良記事。
「どういう子育てや人生にするのがいいか、正解はない。ただ悩みながらも凛として生きるお母さんの姿ほど子どもにいい影響を与えるものはないと思う」
大日向雅美さんの言葉はいつも胸にくる「「どういう子育てや人生にするのがいいか、正解はない。ただ悩みながらも凛として生きるお母さんの姿ほど子どもにいい影響を与えるものはないと思う」」
半年で保育園に預けたわし三歳児神話なるものをいま初めて知る
教育関連で根拠のない主張をする不真面目な連中は、真面目な研究の成果を見るべき。→
"「日本で269組の母子を12年間追跡調査した。その結果、3歳未満で母親が働いても、問題行動や母子関係の良好さに関連性は認められなかった」" /
親権争いの根底にもこれが起因している。
どんな状況でも母性が優先される。
たとえ、母親がネグレクトであっても。
「大切なのは『お母さんの心の健康』『夫婦仲』保育園などの『保育の質』で、これらは子どもの発達に影響」 「大切なのは安全な環境で愛情をもって養育されること。」
母親が付きっきりかどうかじゃなくて母親が安心してる事が大事なのだろうな。だから働いてる母親に可哀想だとか3歳まで一緒じゃないと精神面に影響するとか言って脅かす方が良くないのかも。 ?amp=1
昭和26年発表の報告書が未だに言われ続けているのか
こういう事を言ってくる人は大方専業主婦だったんじゃないか?
「何が、子どもの発達に影響するのか」で「夫婦仲」というのはなかなか難しい・悩ましいよな。こればっかりは。//
今は仕事という大義名分が必要だけど、もっとすすめて専業主婦でも保育所に預けるとかでもいいのかなあ。あとは養護施設的なところに泊まりも含めて預けるとか。 /
「大切なのは安全な環境で愛情をもって養育されること。それはお母さんだけでなく、お父さん、祖父母、シッター、保育士など…
3歳児神話に信憑性がないっていうニュースなのに「育児=母」という図式は崩したくないらしい。
愛情がキーであるならロボットに子育てしてもらうのには無理があるのかなあ。 /
0歳児保育からでも子供の成長に影響は無いらしい。むしろ母親が孤独で育てるより良いのでは無いか?人間はもともと集団で子を育てる生き物というのも聞いたことがある。
ウチも一時保育は1~2歳位から始めたけど、何も問題なかったな。逆に人見知りとかしない子に育った。 >
社会が子どもを育てることが大切。
"は修正が必要。母親だけでなく、父親や祖父母、地域の人などさまざまなところから愛情を受け取れる」。 NHKニュース
この神話は明確に否定されてる。発達障害は親の育て方ではなく、その子自身の特徴。そして子育てをするのは母だけではなく、家族と社会。
「保育園などの『保育の質』で、これらは子どもの発達に影響し問題行動にもつながる」というのは大事。保育の質を確保しなければ。
これは老若男女関係なく読んで欲しい
3歳児神話なんてまだ信じてるの?というシロクロはっきりした話ではないという話です。
良記事。個人的には、パパとママが仲良くて、おおらかに子どもと接することができるのがことが1番重要だとおもう。プラス周りの大人からの愛情。
未だに3歳児神話なんて信じてる人いるのか/
まだ滅びていなかったのか三歳児神話。これのおかげで乳幼児心理学にはまったようなものだが、今にして思えば子供中心主義と性別役割分業の悪魔合体だわこれ。厚生省の黒木課長だっけな。 /
参考になるよい記事です。母親が就労しているからといって、小さな子の発育に悪影響はないとの追跡調査。
長久手町役場の当時のNo.2に
3歳までは親が育てるべきだろと言われたことをいまでも覚えています。
私は小4息子が1歳になる前に復帰したけど素直に育ってくれてるよ。魔の2才児って言われてる時期も全然魔と感じなかったな。
体験談として、やはり会話コミュニケーション出来ないうちは母親が寄り添ってあげたほうが良いと思います。
うちは、上2人の時は専業主婦だったけど、下2人の時は働きに出て保育園だった。4人とも素直でまっすぐ育っているよ。
これはいい記事。「3歳までは母親が育児に専念した方がよい」という神話のもとになったことが書かれている。子供を預け、胸を痛めている親は一読を。
素晴らしい記事だった。母親のみなさん、特に乳幼児を持つ母親はぜひご覧いただきたい。「3歳までは母親と一緒にいたほうがいい」は、ぱっと見正しいように思うけれど、エビデンスはなかったんだね。一つ賢くなった。
まわりに何を言われても、こういう気持ちで今の状況なんですってきっぱり言える信念があれば悩まないのでは?そしてまわりは納得すると思う。
どれが正解なんてないよね。でも子供に「お母さん今日もお仕事頑張ってきて!」と笑顔で送り出されるとこれはこれでいいんだと思える。→
「三つ子の魂百までも」 というのはある程度正しくてボウルビィの「愛着」も含めて、人格形成に大きく影響する時期ではある。
ただ、そのことと「母親がずっと近くにいなければいけない」ことはイコールじゃない。
要は、子どもは愛されて育てば、母親だけに責任がある訳ではないということ。父親からも愛されなければ、そして、愛する時間や心の余裕があって欲しいと、思うよね、ホントに。
まさしくその通りかと思います。本当の課題は、保育の質や、保護者のゆとり、そして子どもに向けられる社会的な寛容で暖かい眼差しと思います。母子が家庭で孤立するようならそちらの方が危ないと思います。
社会
自意識過剰 余計なお世話
親はなくとも子は育つ
慈愛ある誰かの手助けが必要 幼児 後期高齢者
「こんな小さなうちから預けるなんて可哀想」と言われて傷つくお母さんたちに読んで欲しい
"
「3歳未満で母親が働いても、問題行動や母子関係の良好さに関連性は認められなかった」「母親の就労は発達へのリスクにも利点にもならなかった」
"

「3歳未満で母親が働いても、問題行動や母子関係の良好さに関連性は認められなかった」
子供の発育の遅さを心配する友人はいるから余り言えないけれど、もっと長い目で見て例えば20歳のもきにどうかってのはダメかな?
いつから育児が母親だけの仕事になったのか
なぜ子育てを語る時に「母」だけの問題になってしまうのか。僕は共働き家庭で育ち、母がいつも苛々していた記憶が強く、この事に関しては複雑な気持ちがある。
保育の領域は、こうしたミスリーディングが多いしなかなか拭えないなぁ。。それはママ同士のクチコミによる伝承が多いからなのではないか、とふと思った。 / " (NHKニュース)
三歳児神話自体はあんまり聞かないけど、ゼロ歳児預けて仕事復帰したとき、同い年の子供がいる同僚(男)に「ゼロ歳から預けるのはかわいそうだからうちは奥さん来年復帰なんだ」とドヤ顔でいわれた。三歳児神話のなごり感とか妻に丸投げ感とか文字数
「かわいそうに、こんな小さい時から保育園に預けて」
「0歳で人の手に預けるなんて不安じゃないの? 私だったら理解できない」
「しつけや教育のためにも、いつになったら仕事をやめるの?」
こういうのはやっぱりくだらなかった、てことね。
つか、3歳頃の記憶なんて、普通は無いのでは?
いわゆる3歳児神話の「母親が」という部分には疑問。ただ、3歳までの発達に大事な時期の家庭環境に、母親の生活状況は重大要因。核家族化と長時間労働でしわ寄せがきているのは女性。
最近のNHKはほんまいい記事かくわー
以上

記事本文: News Up 母を悩ます“3歳児神話” | NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース