TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 年金受給開始 7...

年金受給開始 70歳以上も選択できるよう見直し検討 内閣府 | NHKニュース

25コメント 登録日時:2017-09-13 05:48 | NHKオンラインキャッシュ

新たな「高齢社会対策大綱」の策定に向けて、内閣府の検討会は報告書の骨子案を取りまとめ、意欲のある高齢者が働き続けられる環境を整備するため、公…...

Twitterのコメント(25)

俺が25際の頃(14年前)には既にわかってることなので、俺は『75歳まで』公的年金は受け取れないと思って生きてる。
死ぬまで働けと?
だいたい仕事が生きがいだと言う人がどれだけいると?
要は払いたくないだけだろ。選択制とか言って、引き伸ばした方が特ですよとか言って、もらう前に死んでくれと。
あきまへん、このままでは俺が年金をもらえる年齢になる時は90とかんなる!
「も選択できるよう見直し」の一文が消えるのも、時間の問題だろうな・・・
死ぬまで働けと(´・ω・`)
そのうち年金受給開始が150歳以上になって、
誰も貰えない年金制度が誕生して、
そのお金は米国政府に献上されるのだろうな…
普通はさ、
・支給年齢を選択できるようにして働いてもらおう!・・・まちがい
・働いてても減額せず受給できるようにしよう・・・せいかい
だよな??
繰下げ受給の事を「現在60歳から70歳までの間で選べることになっている公的年金の受給開始年齢」とサラッと書いてるのが何かイラっ
年金受給開始がどんどん遅くなる状況で、若いうちから、消費に回せる金なんてないわな。
今から貯蓄に回さなきゃ不安でしょうがない。
公的年金の受給開始年齢について70歳以上も選択できるよう制度の見直しの検討を求めている。
現在は、賃金も含めた収入が一定額を超えた場合、年金の受給額が減額される仕組みと…
現在は70歳まで。削られていく低年金で我慢するか、70歳過ぎまで無年金で我慢するか、国民に選択を迫るもの。
「意欲のある高齢者が働き続けられる環境を」「収入が一定額を超えた場合、年金受給額が減額…働く意欲があっても仕事を辞める人がいる」…何故働く意欲があるのかは調べられているのか
金に余裕ある人は申請しなければ良いだけ!明らかに既成事実つくり、支給年齢遅らせようとしてるわ!/
つまりは今のご老体たちのために滅私奉公しろ、と。(自分たちはほぼもらえない模様www
いつか80ぐらいまで引き上げられそう
年金をもらわずに70歳すぎの老人が生活できるだけのお金を稼ぐのって大変だよねえ。議員年金も廃止したらいいのに。
神風特攻隊は「志願制」だったらしい。
これ以上煩雑にするのやめてくれ。。
でもねえ、今は深夜のファストフード店とかで明らかに70歳以上と思われる方が働いているのを見ると社会として歪なものを感じるよね。
長年働いた分の年金も貰って、仕事も出来た方がいいじゃない。そういう選択肢はないんだね(--;)。
まあそうなるよね。
有識者の年齢層が気になる。
...本気で高齢者の就労意欲を削がないためだけの配慮なら、受給延期を選択した人が、その期間の受給相当額を損した、と感じさせない給付開始後の「上乗せ給付」が極めて重要と思う。
以上

記事本文: 年金受給開始 70歳以上も選択できるよう見直し検討 内閣府 | NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース