TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 試験飛行でアメリ...
10コメント

大手航空機メーカー、ボーイングの飛行機が試験飛行を行った際に、アメリカの上空を飛行機の輪郭を描いて飛んでいたことがわかり、インターネット上で話題になっています。 これは、飛行機が発信する位置や高度の情報を基に、そのルートを観察するアメリカの民間団体フライトレーダー24がツイッターで公開したものです。それにより...


Twitterのコメント(10)

一筆書きの出発点がシアトルだということがわかる。
ボーイング社の航空機組立工場がシアトルにあるという話も、地理を学ぶ者なら必須の内容。
「新型エンジンを搭載したボーイング787型機が試験飛行を行った際に、アメリカの(略)上空で巨大な飛行機の輪郭を描いて飛んでいた」これ本当だったのか!
えっ、そんなことできるの!?
「試験飛行でアメリカ上空に飛行機の形の一筆書き」
マジやったんか(汗)
18時間耐久飛行、すげえ( ´ω` )
ネタになってたけど、本物だったのか…(;^ω^)
世界一でかい絵じゃないかな。
一筆書きギネス記録だろうなぁ。
ボーイングによりますと、パイロットたちは、試験飛行で長時間飛ぶ機会を生かして一筆書きのように飛行機の輪郭を描くことを思いつき、18時間にわたる飛行でそれを実現したということです。
大手航空機メーカー、ボーイングの飛行機が試験飛行を行った際に、アメリカの上空を飛行機の輪郭を描いて飛んでいたことが
凄え・・・
(NHK) 大手航空機メーカー、ボーイングの飛行機が試験飛行を行った際に、アメリカの上空を飛行機の輪郭を描いて飛んでいたことがわかり、インターネット上で話題になっています。 これは、…
以上

記事本文: 試験飛行でアメリカ上空に飛行機の形の一筆書き | NHKニュース

関連記事

89コメント 2017-01-15 09:57 - www.okinawatimes.co.jp

琉球大学の渡嘉敷健准教授(環境工学・騒音)の測定では、ヘリ飛行経路に近い同大工学部屋上で午後5時25分、米軍ヘリによるとみられる76・7デシベルの騒音を記録。英語のリスニング試験中だったが、試験に影響はなかったという。 例年、県内各大学は入試の際の飛行自粛を沖縄防衛局を通じて米軍に要請しており、それに応えた米軍側が試験時間中の大学上空飛行を避け...[続きを読む

画像で見る主要ニュース