TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 坂本龍馬愛用の刀...
11コメント

幕末の志士、坂本龍馬が亡くなってからことしで150年になるのに合わせて、龍馬が愛用していた刀などゆかりの品を集めた特別展が29日から東京都内で開かれます。 この特別展は、坂本龍馬の没後150年に合わせて各地を巡回しているもので、会場の東京・墨田区の江戸東京博物館には龍馬ゆかりの品がおよそ150点展示されています。このうち刃渡りおよそ70センチの「吉行」(よしゆき)と呼ばれる刀は、新たに見つかった...


Twitterのコメント(11)

吉行も展示される特別展「没後150年坂本龍馬」は江戸東京博物館にて29日から →
ほんとに反りがなくなってるなあ…。
吉行…!
むっちゃんだー(*°▽°*)
銃のある所は知ってた。
行かねば!
いつ行けるかな~(×_×)
愛する龍馬!!
さな子としては、いかねばなるまい。
>坂本龍馬の没後150年に合わせて各地を巡回しているもので、会場の東京・墨田区の江戸東京博物館には龍馬ゆかりの品がおよそ150点展示
すげ(・ω・)
ふぁー!見に行きたいー!
以上

記事本文: 坂本龍馬愛用の刀など展示 29日から東京で特別展 | NHKニュース

関連記事

70コメント 2015-09-16 20:52 - news.livedoor.com

坂本龍馬が「特に愛した刀」と伝えられ、1929年に東京で展示されて以来、行方が分からなくなっていた日本刀を、北海道在住の坂本家の関係者が保管していたことが16日、分かった。高知県立坂本龍馬記念館(高知市)で11月、86年ぶりに公開される。  同記念館によると、見つかったのは刀身約52センチの脇差し。備前長船の刀匠「勝光」「宗光」の名や「永正2(1505)年8月吉日」と年月が記され、室町時...[続きを読む

画像で見る主要ニュース