TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 国連安保理 北朝...
29コメント

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて国連の安全保障理事会は日本時間の21日未明、北朝鮮を非難する声明を全会一致で発表しました。アメリカのヘイリー国連大使は「今後あらゆる手段を検討しなければならない」と述べ北朝鮮に断固として対応する姿勢を強調しました。 北朝鮮は今月16日東部から弾道ミサイル1発を発射し、直後に爆発...


Twitterのコメント(29)

重要な手続きが終わった。
NHKニュース|

アメリカ ヘイリー国連大使 談『声明は北朝鮮のミサイル発射や核実験を誰も見たくないことを明確にしており、今後、制裁やその他のあらゆる手段を検討しなければならない』
全会一致!? ロシアも? いよいよ核実験しそうだからやるしかない、とかなのか?
でしょうね!!!
/ ありゃ。ゴネてたロシアも同意しちゃったの?
朝鮮半島の非核化を「対話を通じて」目指すことがどうして北朝鮮を非難することと脳内変換するのだろうか?
まあ、これで、アメリカ軍の対北朝鮮作戦への安保理からのお墨付きが出たって考えていいんだろうな。気になるのは、25日に東京で日米韓の首席代表会議とか大丈夫なのか?
支那が米国に全く逆らわなかった。
「ロシアはしょっちゅう異議を唱えるので驚かない」が印象に残るが、折れたのか。
岸田大臣は万景峰号について「第3国の事業について申し上げるのは控えるが、ロシアには、責任ある安保理の理事国として、責任ある行動を求めていきたい」と。全くだな。
ロシア中国は折れたのか?
全会一致なら各国でダメージコンテストやらない?目標は北で
どちらも納得できる内容に落ち着いたのか。
こんなことをしても無意味だよな~だって聞く耳持たないんだろう?絵に描いたようなごね得だしね。全世界からミサイル撃ち込んで灰燼に帰すしかないんじゃない?シリアとかもさ。全ての紛争地帯に圧倒的武力介入する組織が必要かもね~
【国連安保理】 異議を唱えたロシアも同意


「対話を通じて」という文言を加えてロシアが同意。
第三次世界大戦の悪の枢軸がビビってるね。
さっさと第三次世界大戦を始めろ。
いつも思うのだけど、この声明に何の効力が有るの?/
これで国連(というか常任理事国)も米国の空爆も黙認なんだな。
「ヘイリー氏の発言は問題だ。直ちに辞任しろ。」などと子供みたいなことを言う奴は国連でもいないようだな
北朝鮮非難声明を全会一致で発表
【NHK
▼「対話を通じて」の文言削除に露が異議を唱え発表は見送られていた
▼ヘイリー米国連大使は「露はしょっちゅう異議を唱えるので驚かない」と皮肉り
▼北朝鮮に断固として対応する姿勢強調
以前の声明にあった「対話を通じて」という文言が削除されていて、これにロシアが異議を唱えたため… しかしその後の調整で、アメリカがロシアの主張を受け入れてこの文言を加えたことから
お見方のはずだった中露が見放したことで、北は好き勝手動けなくなったはず。あとは全面降伏を待つのみ!
いやお願いだからもう諦めて。
追い込んでも、へこたれません。
ロシアに皮肉を言いつつも譲歩して声明には一致を見たのか
これで事態はどう動くかな…花畑の人は話し合えば北は解ってくれる!とか言い出しそうだがまぁそれはないだろ…
非難の次は日本政府はどうでるの?
また諸外国の顔色眺めながら待つの?
北朝鮮非難の声明を全会一致なら、自衛隊による軍事行動出来るだろ。発表で終わりですか?
「声明は北朝鮮のミサイル発射や核実験を誰も見たくないことを明確にしており、今後、制裁やその他のあらゆる手段を検討しなければならない」‼️
「対話を通じて」 朝鮮半島の非核化と平和的解決を目指す

こうか。

結局、 今回も国連は何もやりませんよ という事が決まったわけですね
結局、異議を唱えていたロシアも賛成。金正恩は降伏すべき時がきた。
ロシアも含め全会一致

<
北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて国連の安全保障理事会は日本時間の21日未明、北朝鮮を非難する声明を全会一致で発表しました。アメリカのヘイリー国連大使は「今後あらゆる手段を検討しなければならない」と述べ北朝鮮に断固として対応する姿…
以上

記事本文: 国連安保理 北朝鮮非難の声明を全会一致で発表 | NHKニュース

関連記事

24コメント 2016-03-03 08:24 - www.huffingtonpost.jp

北朝鮮制裁決議、全会一致で採択 国連安保理北朝鮮による4度目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は2日午前(日本時間3日未明)、北朝鮮に対する制裁を強化する決議を全会一致で採択した。北朝鮮産鉱物の輸入禁止などが新たに盛られ、北朝鮮に出入りする貨物の検査や金融制裁を強化し、モノ・カネ・ヒトの流れを大幅に制限する内容。核・ミサイル開発に打撃を与える意図がより強まった。決議...[続きを読む

画像で見る主要ニュース