TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > ジョギング中に石...
30コメント

川崎市の河川敷でジョギングしていた3人が、水たまりにはまった後、足にやけどをしたような痛みを訴え、河川敷の工事をしていた国土交通省が調べたところ、舗装の工事で誤って多く使いすぎた石灰が雨でしみ出し強いアルカリ性の水たまりができていたことがわかりました。 国土交通省京浜河川事務所によりますと、今月1日、川崎市中...


Twitterのコメント(30)

多い石材と雨が混ざるとアルカリ性が発生して、火傷するのか...⇒が
普通に走ってたんですけど(汗)
こんなん普通にあちこちでありそう。学校の校庭でも白線ひく石灰をまきすぎたら起こるよ。
「なんや?」といいたくなるタイトル。水たまりが話しかけてきたらやだなあ。
リアル毒沼を作り出すとはなかなかやりおる。
えぇ。。。
国土交通省は、法的処置を被害者に施す事を忘れて居る、人権侵害に当たり、アメリカの法的賠償額は数億円換算に成りいい加減な謝罪したら事が終わりと思考する日本人の非常識な対応はモラルに欠ける。
等々力にフロンターレの試合見に行くときに自転車で通る道なんだが、以前からやけに真っ白い場所だなーと思っていたら石灰の撒きすぎ案件だったとは・・・。 /
白線引きの石灰も目に入ると失明すると言われるくらいだからな。/
アルカリのほうが酸よりもヤバいと友人が言っていた
川崎市の河川敷でジョギングしていた3人が、水たまりにはまった後、足にやけどをしたような痛みを訴え、河川敷の工事をしていた国土交通省が調べたところ、舗装の工事で誤って多く使いすぎた石灰が雨でしみ出し強いアルカリ性の水たまりができて…
川崎市の河川敷でジョギングしていた3人が、水たまりにはまった後、足にやけどをしたような痛みを訴え、舗装の工事で誤って多く使いすぎた石灰が雨でしみ出し強いアルカリ性の水たまりができていた
アルカリ性水たまりとかトラップかよ
PHどれくらいあったんやろ。強アルカリは皮膚につくとヌルヌルするが、あれ皮膚溶けてるのかなー ==
あぶねぇな
注意すべき記事。
「自分、専攻なんやった?」
「化学やけど…」
おそろしい話やで… →
川崎市の河川敷 /
水たまりで化学やけど、って言われて何やろ?って思うねぇ。火傷なんやね(笑)
夜にジョギングやウォーキングされる方、犬の散歩の方、すぐ水たまりで遊びたがるお子さんお持ちの方は気を付けて頂きたいニュース。
塩基だからな…💦痕にならないといいけど…💦
多摩川右岸のダート道、
確かに通行止めになっていた。w
(※動画と同じ箇所。)
中原区だとどの辺だろ?
ジョギング用のコースの辺りかなぁ
石灰の量が多くなりすぎ、それが雨でしみ出して強いアルカリ性の水たまりができていた
ケガをされた方には、お大事にされてほしいのですが、

タイトル見て、「化学やけど」がすぐに「化学火傷」のことやと思わず、化学「やけど」なんなん?って思った。
日本語難しい。
これ自分の子どもが遊んで…とかだったら謝罪じゃすまないぞ
以上

記事本文: ジョギング中に石灰の水たまりで「化学やけど」 | NHKニュース

関連記事

46コメント 2010-03-22 17:20 - labaq.com

まるで人の手によって造られたような、美しい純白の棚。 世界遺産にも登録されている、トルコの「パムッカレ」です。 丘陵地帯の石灰棚が弱酸性の雨によって溶け、地熱によって温泉となり沈殿した石灰が固まった結果、この芸術的な景観が生まれたそうです。 高さ200mにわたって形成されたパムッカレの光景をご覧ください。 まるで雪景色のようですが、白いのは石灰によるもの。 歴史は古く、2世紀頃にはローマ帝国の温泉...[続きを読む

画像で見る主要ニュース