TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > あすから「茶の湯...
14コメント

名だたる武将や茶人に愛された茶わんなど、茶の湯の名品を集めた特別展が、11日から東京・上野の東京国立博物館で開かれます。 この特別展はNHKなどが主催するもので、10日は開会式が開かれました。会場には、室町時代から近代にかけての、およそ260の茶の湯の名品が展示されています。このうち、12世紀から13世紀の中...


Twitterのコメント(14)

様々な天目茶碗を配しつつ、国宝「曜変天目稲葉天目」が一番の見所か。メインは《見込み》だが、釉薬のかかっていない口縁/高台周辺の(釉薬のかかった胴周りの艶に対比するかのように滑らかで)奥行きを秘めた黒々とした部分が目に留まった。
えっ、見たい。
某茶器集めのアレもあるぞ!! >
曜変見てみたい。
見に行ってみたいなぁ。
きっと美しいやろうなぁ。
東京はいっぱいいろいろ見たい美術展とかあってええなぁ。
名だたる武将や茶人に愛された茶わんなど、茶の湯の名品を集めた特別展が、11日から東京・上野の東京国立博物館で開かれます。 この特別展はNHKなどが主催するもので、10日は開会式…
茶の湯の歴史が解る →
ひとつひとつは、いろいろな美術館でご覧になっている方も多いと思いますが、まとめて茶の湯の美術を立体的にみられる好機‼️ いよいよ開催です‼️
『特別展は11日からことし6月4日まで東京・上野の東京国立博物館で開かれます。このうち、「曜変天目 稲葉天目」は、5月7日までの展示です。』
また行列かな?
稲葉天目って静嘉堂のだっけな
〜06/04 曜変天目(稲葉天目)は〜05/07
織田家しんどいからこれいこ
以上

記事本文: あすから「茶の湯」の名品集め特別展 上野・国立博物館 | NHKニュース

関連記事

25コメント 2011-08-04 22:22 - www.tnm.jp

保元・平治の乱などの戦乱や地震などの天変地異が続き、政治・社会が混迷した平安末期。来世の往生を願った富者は財を尽くして功徳を積み、僧侶は教義論争に明け暮れるなか、鎌倉仏教の先駆者・法然(1133~1212)は現れました。民衆を含む万人の救済を考えた法然は、「念仏をとなえれば誰もが救われる」と阿弥陀如来の名号をとなえることを説き、...[続きを読む

画像で見る主要ニュース