TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 宇宙ごみ対策 “...
18コメント

宇宙ごみの問題の対策につなげようと、福岡県の中小企業などのグループが開発し、ことし1月、国際宇宙ステーションから放出された超小型衛星が、ヨットの帆のようにフィルムを広げてみずから地球の大気圏に突入し燃え尽きるという世界でも初めての技術の実験に成功しました。 超小型衛星が宇宙ごみにならないようにする新たな技術に挑んだのは、福岡県広川町の工作機械メーカー、中島田鉄工所と東北大学のグループで、開発した...


Twitterのコメント(18)

>" 世界初の技術実験に成功|NHKニュース
「縦横1.5メートルのフィルムをヨットの帆のように広げ…わずかな空気の抵抗を受けて高度を下げる…一連の技術の実験に成功」
こちらは成功。めでたい。
JAXAのデブリ除去システムと今回の宇宙ゴミ対策とで、未来の人達に少しでも負の遺産を残さないようにしていってほしいなあ。
ISSから衛星を放出。フィルムをヨットの帆のように広げ、地球の周辺の宇宙空間にあるわずかな空気の抵抗を受けて高度を下げ、自ら大気圏に突入し燃え尽きることができるか実験 /
この分野は、引き続き迅速に開発を続けて頂きたい。
『 』
細かいことをいうと「燃え尽きる」より、落下する(減速する)ための技術です。
実験成功おめでとうございます!笑
さぞかし嬉しかったろうなー!!
これ系の話聞くと毎回プラネテスを想起してしまう
デブリ課が捗る技術。「縦横1.5メートルのフィルムをヨットの帆のように広げ、地球の周辺の宇宙空間にあるわずかな空気の抵抗を受けて、みずから大気圏に突入」。◆ 宇宙ごみ対策「衛星が燃え尽きる」
10センチほどの超小型衛星。「縦横1.5メートルのフィルムをヨットの帆のように広げ、地球の周辺の宇宙空間にあるわずかな空気の抵抗を受けて高度を下げることで、みずから大気圏に突入し燃え尽きる」 /
縦横1.5mのフィルムをヨットの帆のように広げ、地球の周辺の宇宙空間にあるわずかな空気の抵抗を受けて大気圏に突入し燃え尽きる、という実験成功、とのこと。

| NHK
大学などの研究機関ではなく、地方の中小企業がスペースデブリ対策のための技術を開発したとは、凄いですね。政府は、スペースデブリ対策のために投資をすべき
デブリを落とすことでjkと入れ替わったりできないものか
罰則付の国際条約で義務化でもしない限り広まらない技術だと思う。
ISSのきぼう /
《地球の周辺の宇宙空間にあるわずかな空気の抵抗を受けて高度を下げる》。完全な真空ではないのね。 /
こういう小型衛星が自発的に処分できる技術は絶対必要だねぇ。
次は今飛んでいる宇宙ゴミを捕まえる技術を是非
→おお、素晴らしい
以上

記事本文: 宇宙ごみ対策 “衛星が燃え尽きる” 世界初の技術実験に成功 | NHKニュース

関連記事

27コメント 2011-10-23 02:03 - d.hatena.ne.jp

原発 既に日本全国民が気がついているように、原子力災害の実情をどうやって可視化して政府や行政機関から正確な情報を伝えるのか、それが状況把握にいかに大切であるかということは論を待ちません。 3 月 11 日以降に様々な測定が文科省や福島県によって行われましたが、それは数字の羅列であり、目で見て状況を理解するのは困難でした。すなわち、せっかくの大量の測定が可視化されないために、宝の持ち腐れでした。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース