TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 福島と首都圏 離...

福島と首都圏 離れた家族支援するバスツアー NHKニュース

21コメント 登録日時:2012-11-24 07:51 | NHKオンラインキャッシュ

原発事故の影響で、福島県と首都圏で離れて暮らす家族を支援しようと、無料のバスツアーが行われ、4組の家族が再会を喜びました。 福島県外に避難している18歳未満の子どもの数はことし4月現在、1万7895人に上り、仕事などの都合で父親が福島県内に残り、母親と子どもだけが県外に避難するケースも少なくありません。こうしたなか、...

Twitterのコメント(21)

11月24日 6時36分


原発事故の影響で、福島県と首都圏で離れて暮らす家族を支援しようと、無料のバスツアーが行われ、4組の家族が再会を喜びました。
"福島県外に避難している18歳未満の子どもの数は今年4月現在1万7895人に上り、仕事などの都合で父親が福島県内に残り、母親と子どもだけが県外に避難するケースも少なくありません"
「国に対して家族に会うための交通費の補助や休暇制度の導入などを要望したい」と福島のお父さん。事故がなければ家族と離れる必要なかった。当然の権利。ぜひこのURLを国会議員さんに伝えて下さい。
離れた家族支援するバスツアー「バスツアーの取り組みはとてもありがたいが、NPOではなく国などがやってほしい。」|NHK
「バスツアーの取り組みはとてもありがたいが、NPOではなく国などがやってほしい。略…方針の内容が検討されているが、国に対して家族に会うための交通費の補助や休暇制度の導入などを要望したい」
>福島県外に避難している18歳未満の子どもの数はことし4月現在、1万7895人に上り、仕事などの都合で父親が福島県内に残り、母親と子どもだけが県外に避難するケースも
(・∀・)イイ!!RT @nhk_seikatsu: 【福島と首都圏 離れた家族支援するバスツアー】原発事故の影響で、福島県と首都圏で離れて暮らす家族を支援しようと、無料のバスツアーが行われ、4組の家族が再会を喜びました。(12:22)
NHK◆   「ことし6月に原発事故の被災者の生活を支援する法律ができ、現在その基本方針の内容が検討されているが、国に対して家族に会うための交通費の補助や休暇制度の導入などを要望したい」
福島県外に避難している18歳未満の子どもの数はことし4月現在、1万7895人に上り、仕事などの都合で父親が福島県内に残り、母親と子どもだけが県外に避難するケースも少なくありません。
離れた家族支援するバスツアー(11/24 6:36 nhk 動画ニュース) 福島市と郡山市から父親たちを乗せたバスは、23日夕方、埼玉県嵐山町の宿泊施設に到着し、待ち受けた妻や子どもたちから歓迎を受けていました。…
【東電はぬくぬく・被害者が救われていない】→
これはいいニュース(`・ω・´) RT @nhk_news: 福島と首都圏 離れた家族支援するバスツアー
以上

記事本文: 福島と首都圏 離れた家族支援するバスツアー NHKニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース