TOP > その他のニュース > ZAKZAK(夕刊フジ) > 記事:【永田町・霞が関...
4コメント

石原慎太郎知事率いる東京都が計画する天然ガス火力発電所新設構想が話題となっている。 日本経済新聞(6月28日夕刊)が1面トップで「東京湾岸に火力10基−都が主導、400億円ファンド」と報じ、翌日の産経、読売以下各紙(朝刊)もフォローした。 国内外の機関投資家から400億円規模の資金を集め、メガバンク系と独立系の投資ファンド2社が運営する。東京都はそれぞれのファンドに15億円ずつ...


Twitterのコメント(4)

猪瀬副知事にはガスでも頑張ってもらいたい。→都の発電所構想、東電に @zakdesk
【スマートグリッド】

( 田中 @ta_n )
"が狙い:
以上
掲載元: 【永田町・霞が関インサイド】都の発電所構想、東電に“風穴”が狙い - 政治・社会 - ZAKZAK


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

22コメント 2015-07-28 09:18 - www.zakzak.co.jp

安倍首相は、年金運用資産を大幅に増やした【拡大】 2週間ほど前の7月10日のことだ。厚労省年金局が所管する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF。理事長・三谷隆博元日銀理事)が2014年度の運用益を発表した。 GPIFの同年度末の運用資産総額は約140兆円。世界最大の公的年金資金運用機関である。 安倍晋三首相は昨年1月のス...[続きを読む



画像で見る主要ニュース