TOP > ネタ・話題・トピック > 記事:【永田町・霞が関...
4コメント LINEで送る
キーワード : 投資ファンド 石原慎太郎 日本経済新聞 火力発電所  更新

石原慎太郎知事率いる東京都が計画する天然ガス火力発電所新設構想が話題となっている。 日本経済新聞(6月28日夕刊)が1面トップで「東京湾岸に火力10基−都が主導、400億円ファンド」と報じ、翌日の産経、読売以下各紙(朝刊)もフォローした。 国内外の機関投資家から400億円規模の資金を集め、メガバンク系と独立系の投資ファンド2社が運営する。東京都はそれぞれのファンドに15億円ずつ...

Twitterのコメント(4)

猪瀬副知事にはガスでも頑張ってもらいたい。→都の発電所構想、東電に @zakdesk
【スマートグリッド】

( 田中 @ta_n )
"が狙い:
以上
元記事: 【永田町・霞が関インサイド】都の発電所構想、東電に“風穴”が狙い - 政治・社会 - ZAKZAK
4コメント LINEで送る

関連記事

東京都の石原慎太郎知事は28日午後の記者会見で、発電事業に投資する官民連携ファンドを立ち上げると正式発表した。石原知事は「10万キロワット級の火力発電所で、20カ所程度の投融資が可能になる」と説明した。投資対象は首都圏の火力発電所や全国の再生可能エネルギーなどを想定しており「(電力を)できるだけ自給自足をしたい」と述べた。 発電所向けの投資ファンドを運営する事業者には、みずほ証券系のIDIインフ...[続きを読む

キーワードからニュースを探す : 投資ファンド 石原慎太郎 日本経済新聞 火力発電所 

ただいまの人気記事

今月のコメント数ランキング

今月の人気記事はまだ計測中です..。

速報

Ceron.jpを購読