TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:米ロッ...
71コメント

 広島と長崎に原爆が落とされて間もない1945(昭和20)年8月末、世界で最も影響力のある慈善事業団体とされる米ロックフェラー財団の会長で、国際連盟創設期に事務次長を務めたレイモンド・フォスディックが送った原爆投下を批判する手紙が見つかった。米国内で投下を正当化する論調が圧倒的な中、米国が無差別大量殺りく兵器を使ったことを厳しく批判し、苦しい胸の内を吐露する異例の内容となっている。...


Twitterのコメント(71)

原文が読みたいけど、ぐぐっても何も見つからない…。 RT @tami_kawauchi アメリカ国内では多勢に無勢だったのかな、今頃、発見されるなんて。米ロックフェラー財団会長 原爆投下直後、悔悟の手紙 東京新聞 12/25 
チェックしました。ご参考まで。>【社会】
……。 QT @gloomynews 東京新聞◆米ロックフェラー財団会長 原爆投下直後、悔悟の手紙 「米ロックフェラー財団の会長で、国際連盟創設期に事務次長を務めたレイモンド・フォスディックが送った原爆投下を批判す
フォスディックの手紙
米ロックフェラー会長フォスディック  教授は原爆投下について、このように率直な心情を吐露した手紙は初めて見た。一人の人間としての気持ちが表れており、救われるような気がする。こうした人がいたこと
今更遅いんだ、このクソが! -
アメリカ国内では多勢に無勢だったのかな、今頃、発見されるなんて。 12/25
【原爆投下を悔いたロックフェラー財団会長:瓦礫をばらまこうとしている役人や政治家たちにも、こういう良心があるのだろうか】
後悔・公開・降灰
【東京新聞】広島と長崎に原爆が落とされて間もない1945年8月末、世界で最も影響力のある慈善事業団体とされる米ロックフェラー財団の会長で、国際連盟創設期に事務次長を務めたレイモンド・フォスディックが送った原爆投下を批判する手紙が見つかった。
正直、涙が出た。 RT @takuminzy: ロックフェラー財団会長、レイモンド・フォスディック 原爆投下直後の手紙。 <日本の降伏が視野にあったのに我々は警告なしで市民に逃げる機会を与える事なく二つの爆弾
…複雑な気持ちになるなぁ(・_・;) 第2次大戦は終了させることはできたが(昭和天皇のラジオ放送を思い出すと)
原爆投下直後、悔悟の手紙(東京新聞) ・・・ふ~ん。米軍産複合・金融勢力の元締めであり、日本の政治・官僚とマスコミを支配し生血を吸い続けるD・ロックフェラー。何らかの騙しの意図がある。TPP
[米国][政治][歴史] /
原爆投下直後、悔悟の手紙「米国内で投下を正当化する論調が圧倒的な中、米国が無差別大量殺りく兵器を使ったことを厳しく批判し、苦しい胸の内を吐露する異例の内容となっている」/単純比較は出来ない
広島と長崎に原爆が落とされて間もない1945(昭和20)年8月末、世界で最も影響力のある慈善事業団体とされる米ロックフェラー財団の会長で、国際連盟創設期に事務次長を務めた
…米国内で投下を正当化する論調が圧倒的な中、米国が無差別大量殺りく兵器を使ったことを厳しく批判し、苦しい胸の内を吐露する異例の内容となっている…/
米ロックフェラー財団会長、原爆投下直後、悔悟の手紙。
【 原爆投下直後、悔悟の手紙】~東京新聞より~
今朝の東京新聞一面
ロックフェラー財団会長、レイモンド・フォスディック 原爆投下直後の手紙。 <日本の降伏が視野にあったのに我々は警告なしで市民に逃げる機会を与える事なく二つの爆弾を落とした>
【戦争】太平洋戦争時にも民間人の無差別虐殺が戦時国際法違反であったようだ。アメリカによる広島、長崎の原爆投下は国際法違反の愚行と云うことを歴史的には固定すべきだ。二度と繰り返さないために。
東京新聞:  ウィーバーが「原爆投下を道徳的に批判するのは愚かで、無駄なことだ。二つの爆弾が落とされ、戦争に勝ったことで、多数の米国人の命を救い、たぶん日本人の命も救った」と記したことに戸惑いながら、反論した。
歴史に「もし」はないというが、それでもなお。米ロックフェラー財団会長。原爆投下直後、悔悟の手紙「私たちは道徳的リーダーにはなれない」
将来の核戦争を予測。米国人が同様の爆撃の被害者となる可能性に言及。「私たちの手は、きれいではない」「私は良心の呵責に苦 -
「ロックフェラー財団」にこういう人がいた、ということで、決してロックフェラー一族が善人っていうわけじゃないよね
無差別大量殺戮と核戦争にアメリカ自らがお墨付きを与えてしまった、という事か…まさしく慧眼ですね
RT @mitsuya_niwa: 米ロックフェラー財団会長 原爆投下直後、悔悟の手紙 (東京新聞)
(東京新聞)
米国には原爆を投下する必要はなく、「無差別の殺りくに『認証済み』のシールを貼った」「戦争に勝利するための未来のあらゆる兵器にお墨付きを与えた」と厳しく批判
クリスマスに読んでおきたい記事 原爆に反対だったロックフェラー
素直な気持ちで読みたいものですが・・・ |
→ 何の宣伝だ?こんなの信じるバカいねぇだろ?過ぎた事には、どうとでも言える。
原発も同様に酷い。人権も糞もない。そこにあるのは目先の金のための経済戦争。勝者はいない。最後には全員が敗者となり放射能汚染によって死んでいく。
原爆投下直後、悔悟の手紙|Tokyo Web
東京新聞TOKYO WEBに「 原爆投下直後、悔悟の手紙」との記事
東京新聞:米ロックフェラー会長・原爆投下直後の手紙「私たちは原爆の使用を合法化し無差別殺戮に認証済みのシールを貼った。あらゆる兵器に道徳的なお墨付きを与えたのだ。もう私たちは道徳的なリーダーにはなれない。」
(道徳的
この手紙はレイモンド・フォスディック個人の想いにすぎない。米国主義的民意を行使してきた結果、日本に原爆を2発投下した。その後の米国が関る戦争をみると、今も当時もそう変わっていないのでは?→
ロックフェラー財団を「慈善事業団体」とだけ書かれてもねぇ。 それに、フォスデックスの肩書は財団会長だったけれども、ロックフェラー一族の金庫番みたいなものでしょ?
「ロックフェラー財団の会長で、国際連盟創設期に事務次長を務めたレイモンド・フォスディックが送った原爆投下を批判する手紙が見つかった」
こういうのがあるから、アメリカを心から嫌いになれないんだ。@chunichi_kunta 【 原爆投下直後、悔悟の手紙】米国内で投下を正当化する論調が圧倒的な中、米国が無差別大量殺りく兵器を使ったことを厳しく批判
12/25  文書を見つけた日野川教授談「原爆投下について、このように率直な心情を吐露した手紙は初めて見た。一人の人間としての気持ちが表れており、救われる
@takakaye おはようございます。東京新聞一面、「原爆投下直後 悔悟の手紙・米ロックフェラー財団会長・無差別大量殺りく批判」の手紙が発見されたと。 何かと多忙な年末、今日もお元気で!
こういう記事こそ、英語で発信すべきなのに… @soramamekoro2  「原爆投下直後に悔悟」手紙が見つかる。
「原爆投下直後に悔悟」手紙が見つかる。
【 原爆投下直後、悔悟の手紙】米国内で投下を正当化する論調が圧倒的な中、米国が無差別大量殺りく兵器を使ったことを厳しく批判し、苦しい胸の内を吐露する異例の内容となっている。
「私たちは原爆の使用を合法化し、無差別殺戮に〈認証済み〉のシールを貼った。あらゆる兵器に道徳的なお墨付きを与えたのだ。…私たちはもう道徳的なリーダーにはなれない。」
 原爆投下直後、悔悟の手紙(東京新聞)
以上

記事本文: 東京新聞:米ロックフェラー財団会長 原爆投下直後、悔悟の手紙:社会(TOKYO Web)

関連記事

32コメント 2011-12-25 07:37 - www.chunichi.co.jp

 広島と長崎に原爆が落とされて間もない1945(昭和20)年8月末、世界で最も影響力のある慈善事業団体とされる米ロックフェラー財団の会長で、国際連盟創設期に事務次長を務めたレイモンド・フォスディックが原爆投下を批判した手紙が見つかった。米国で投下を正当化する論調が圧倒的な中、無差別殺りく兵器の使用を厳しく批判し、苦しい胸の内を吐露している。 手紙は財団の自然科学部長...[続きを読む

画像で見る主要ニュース