TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:連合の...
10コメント

「残業代ゼロ」法案を巡り、連合は安倍晋三首相との異例の直談判に踏み切った。内容が修正されれば、法案を容認するとの「突然の変節」(民進党幹部)。連合との間で、野党共闘の方向性の違いなどに続き労働政策でも不一致があらわになり「民進離れ」が加速しかねないとの警戒と困惑が広がった。 「極めて慎重であるべきだ。連合も同じ認識だと思っていた」。民進党の蓮舫代表は十三日午後の記者会見で、法案へ...


Twitterのコメント(10)

連合の腹立つ所は、連合は民進党の支持母体であり共産党に否定的で、野党共闘の障害になっているであろう事。

安倍や経団連と談合しやがって。

連合よりも共産党の方が、よっぽど庶民の労働者の味方だと思うわ。

(TOKYO
民進へは「コミュニケーション不足だった」と謝罪。
しかし、もっとも困惑しているのは傘下の各労働組合と組合員達だろう。
政権への接近で、連合会長が感染した″独裁″。
変節ね。相変わらずの偏向報道の東京新聞。相手が修正に応じて合意する事は変節ではない。会話が成り立たない民進党より与党の方が頼りになる事実。
民進党は党内右派(アベ予備軍)と連合との縁をきっぱりと切り、市民政党へと脱皮すべきだ。
共産党とか言ってると、間違いなく読み違える。政策的に無能無策の民進党より左派より経済政策掲げる安倍総理と連合が方針一致するのは、むしろ自然。
連合は弱者の味方ではない.昔ながらの労働貴族だ.民進党は連合と手を切って原発反対を徹底せよ.代表の二重国籍問題を問題視する右傾党員は辞
現実的な自民党
虚構の中の民進党
さて、どうする連合!!
「共産党への接近はやめろという連合の警告だ」と民進ベテラン議員。多くの一般人の支持より連合恋しか民進党。
「共産党への接近はやめろという連合の警告だ」
———連合を取って労働者を敵に回す積もりなら、民進党も終わりですね。>
「残業代ゼロ」法案で首相と直談判(7月14日 朝刊) (東京新聞) 「残業代ゼロ」法案を巡り、連合は安倍晋三首相との異例の直談判に踏み切った。内容が修正されれば、法案を容認するとの「突然の変節」(民進党…
以上

記事本文: 東京新聞:連合の「変節」に民進困惑 「残業代ゼロ」法案で首相と直談判:政治(TOKYO Web)

関連記事

画像で見る主要ニュース