TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:自民、...
19コメント

衆院憲法審査会は十六日、今国会で初めての質疑を行った。自民党は、大災害や武力攻撃時に国会議員の任期を延長できるなどの「緊急事態条項」を盛り込む改憲を訴えたが、公明党は慎重な考えを表明。考えの違いが鮮明になった。 (清水俊介) 自民党の上川陽子氏は、大災害などで選挙ができなくなれば「被災地選出議員は不在になる」と任期延長の改憲を求めた。党内では、比較的理解を得やすい改憲項目として任期延長...


Twitterのコメント(19)

人権制限とか首相権限強化とか「フザケンナ!(怒)」

「路チューでもしてろ🎵」 "@kemuchiman: 「公明は緊急事態条項に慎重」←全く信用ならない。最初は言ってみるだけ。

「細野豪志氏らが一定の理解を示した」←本当にこいつはいらない。

"
マジで自民党ヤバイ <
公明党の慎重姿勢って、「ああ、また茶番劇始めたな」にしか感じられないよね、もはや。
大震災を口実に独裁国家を作ろうとする安倍自民。この法案が成立すれば森友学園事件など簡単に隠蔽できる。
緊急事態条項により、多くの権限が安倍首相に一任される。首相の独裁を許す。冗談じゃない。絶対反対だ。
いつまでも自民党よいしょしてると,自分の手が後ろに回るよ 首を絞めるよ 自分で.
読んでる。自民党の緊急事態条項には他国の類似法案と違い恣意的運用を防ぐストッパーが脆弱なのが問題。:
:政治(TOKYO Web) 特秘法も集団的自衛権行使も年金も共謀罪も全て賛成してきた公明党がねえ。ま、創価学会の辞書では「慎重」と書いて「さんせい」と読ませるんでしょうて。
何言ってるの、緊急事態条項盛り込みたいだけだろテロ等準備罪と同じ源氏名で通して後で本名を明かす。この条項の本名は独裁 公明党はいつも慎重姿勢を装い了承
緊急事態が宣言されたら政府の決めたことに何も抵抗できなくなる。「火事場泥棒」ならぬ「火事場独裁者」を生む事項。
緊急事態での物資収用などの人権制限も憲法に明記するよう主張し、首相の権限強化も議論するよう求めた。
《緊急事態での物資収用などの人権制限も憲法に明記するよう主張し、首相の権限強化も》

災害時すら、すなわち誰かの不幸は我が野望実現の時と考えるのが自民党。
昨日の憲法審査会の議論を聞いていると、「改憲勢力」と言われる4党も足並みの乱れ、温度差があることがはっきり浮かび上がります
:政治(TOKYO Web)
緊急事態条項をめぐる各党の発言一覧あり→ 公明は緊急事態条項に慎重: *
いかなる事態においても人権を制限するなど許されない。明確な憲法違反だ。
解散時等の緊急事態対処のた目の二院制ではなかったか。-
"任期延長は、民進党の枝野幸男氏も意見表明で慎重な姿勢を示したが、自由討議では同党の細野豪志氏らが一定の理解を示した"
💢やりたい放題!

【政治】
以上

記事本文: 東京新聞:自民、大災害時に人権制限を 公明は緊急事態条項に慎重:政治(TOKYO Web)

関連記事

画像で見る主要ニュース