TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:ハンセ...

東京新聞:ハンセン病療養所に初の認可保育園 待ちわびた子どもの声 東村山・多磨全生園:社会(TOKYO Web)

24コメント 登録日時:2012-07-02 08:10 | 東京新聞キャッシュ

東京都東村山市にある国立ハンセン病療養所「多磨全生園」内に保育園が完成し、一日に開園した。国の政策で子どもを産み育てることができなかった高齢の入所者たちは、園内に子どもたちの声が響く日を心待ちにしていた。 二〇〇八年六月にできたハンセン病問題基本法で、療養所を地域に開放するため施設の誘致が可能になった。全国十三カ所の療養所で、保育園設置は熊本県の菊池恵楓園に次いで...

Twitterのコメント(24)

東村山のハンセン病施設に保育園ができて本当によかった。強制的に堕胎などされて、子どもをもつことを許されなかった人たちの「残りの人生を子どもたちの声を聞いて過ごすことができて幸せ」という言葉はとても重い。
なるほど、この記事か。 「ハンセン病療養所に初の認可保育園  東村山・多磨全生園」(東京新聞)
「全国十三カ所の療養所で、保育園設置は熊本県の菊池恵楓園に次いで二カ所目だが、認可保育園では初めて。」
ハンセン病療養所に初の認可保育園  東村山・多磨全生園 (*^_^*)♪
実際に見てみるとわかると思うけど・・・広大な敷地の片隅に建てられていた。これで本当に交流ができるのかとチラッと思ったりもした
入所者自治会は、木に妖精がいるモニュメントを寄贈し、敷地内に据えられた。
【ハンセン病療養所に初の認可保育園 東村山・多磨全生園】東京都東村山市にある国立ハンセン病療養所「多磨全生園」に保育園が開園。国の政策で子どもを産み育てることができなかった高齢の入所者たちは、園内に子どもたちの声が響く日を心待ちにしていた。
祝!言葉が有りません・・(-_-)/
:ハンセン病療養所に初の認可保育園  東村山・多磨全生園:社会(T東京新聞)
このハンセン病患者の実態がようやく世に問われたのは小泉内閣のとき、患者側が国に勝訴した報道からだ。憲法23条に違反するのは大抵国家なのだ。
二〇〇八年六月にできたハンセン病問題基本法で、施設の誘致が可能になった。保育園設置は二カ所目だが、認可保育園では初めて。
祝う会で、佐川修自治会長(81)は「私たちは子どもを持つことが許されなかったが、人生の残りの時間を子どもたちの声を聞きながら過ごせる。今日から園の新しい一ページが始まる」と、声を詰まらせ挨拶した。
とても嬉しい。うちの子供たちも入園者の方々にたくさん遊んで貰いました。バザーの売り子もさせて貰いました。保育園開園、おめでとうございます。→ハンセン病療養所に初の認可保育園  東村山・多磨全生園:(TOKYO Web)
以上

記事本文: 東京新聞:ハンセン病療養所に初の認可保育園 待ちわびた子どもの声 東村山・多磨全生園:社会(TOKYO Web)

関連記事

画像で見る主要ニュース