TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:いじめ...

東京新聞:いじめ「覚えてない」に激高 被害児童の父が殴打:社会(TOKYO Web)

34コメント 登録日時:2011-12-10 16:27 | 東京新聞キャッシュ

 石川県内灘町の小学校で十月下旬、長女がいじめを受けたとして訪れた五十代の父親が、同級生の男児の顔を殴ってけがを負わせていたことが分かった。男児は鼻の打撲で軽いけが。保護者は津幡署に被害届を出した。  町教委などによると、十月二十七日の一限目の授業中、父親が突然教室に姿を現した。「いじめを受けている子どもの気持ちをわかってほしい。子どもたちに話をさせてほしい」と申し出、...

Twitterのコメント(34)

<(男児が)憎かったわけではなく、学級のいじめ解決のためにやむなく殴った。> これはかなりアウトな感じがする。
結局暴力かよっていう。 /
殴られたからって被害者ヅラかよ。汚ねえ一家だよな。
そらお父さんも怒るわ →
暴力を容認する気はないけど、なぜか、殴られた子供を可哀想だと思えない自分がいる。
決して暴力は肯定出来るもんやないけど、殴った親父の気持ちはよう解る、結局、学校が何の対応もしてこなかったと云うことや
【 被害児童の父が殴打】
父が娘のイジメに激怒→教室に乱入しいじめっ子(?)を6発殴る
被害児童の父が男児を殴打 石川県 参照元: スレ:
子供の争いに親が介入する是非は置いておいて、手を出した親の気持ちは痛いほど判る。手を出してしまった事や行動には問題あるけど、心情は理解出来るものがありますよ。
このぐらいしないとね…。いいんじゃない。
殴ったのはなんだけど、こういう親がいてくれたら子供は心強いだろうな。自殺なんてしなくてすむだろう。
まだ、こんな親が残っているとは、世の中捨てたものではないね
殴った父親も殴られた側の親も教師もわけがわからん。みんな基地外じゃないか?
ウチの娘がたとえばいじめを受けた場合、どうしようもなくなっても相手を殴りはしない親といじめっ子に「生まれてきてスミマセン」と言わせるだけだ。▼
記事だけからだと殴られた子が本当に虐めっ子だったのか等、今ひとつ情報に欠けるし、他人のうちの子供を殴るのは全くまずいけど、娘さん、お父さんがそこまで怒ってくれた事、ずっと覚えているだろうな。。。
被害児童の父が殴打: いじめる側は、それが多少問題になっても自分らの身に直接的な被害が及ばないと思ってたかをくくっている節がある。こういう事は、どんどんやるべき。誰も解決できない
被害児童の父が殴打、と。この記事で誰をどうこう言えるわけでないが、我が国の他の問題と同じく、抜け出せない迷路のようだ。
本当は被害者側に殴らせちゃいけないんだよな。「因果応報や罪と罰の仕組み」は社会秩序の維持に必須だが、その実行者は当事者じゃなくて
米軍や核の抑止力よりも身近でリアル。>
やるじゃん!立派な親父だな。
私は殴られて当たり前だろうと思うね。むしろいじめを事件として扱わない社会に違和感を覚える。
殴ったことは悪いとは思うが・・・昔の先生ってみんなこんなことしてたよなぁ。
今後そのいじめ加害者と「目される」児童がどう受止めるか
以上

記事本文: 東京新聞:いじめ「覚えてない」に激高 被害児童の父が殴打:社会(TOKYO Web)

関連記事

画像で見る主要ニュース

54.92.197.82 ec2-54-92-197-82.compute-1.amazonaws.com