TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:働きた...

東京新聞:働きたい…働けない時代 増加する生活保護受給者:神奈川(TOKYO Web)

30コメント 登録日時:2012-01-30 09:14 | 東京新聞キャッシュ

 全国の生活保護の受給者が昨年七月時点で六十年ぶりに記録を更新し、過去最多の二百五万四百九十五人となった−こう報じられたのは昨年十一月。以後も、受給者の数は伸び続けているという。戦後の混乱の余波で苦しんでいた一九五一年度(月平均)の約二百四万人を超えたという深刻さだ。受給者の増加は川崎市も例外ではない。なぜなのか? 調べてみると…。 (渡部穣)  市保護指導課の調べで...

Twitterのコメント(30)

働きたい…働けない 増加する生保受給者よりこれまで生保受給者と言えば、「高齢者世帯」や「母子世帯」「障害者・傷病者世帯」が代表例だった。現在も、高齢者世帯が42%以上。しかし、(略)「その他世帯」が、昨年七月には20%強に
【社会】生活保護は大切だと思う反面、甘んじてしまうヒトも居ると思うので制度改革は必要?
今、職場で「やりがいを与えないマネージメント」が主流になってるのも問題だと思います。 RT @kwmr_posse 【増加する生活保護受給者】 「やりがいを見いだせないまま長続きせず、辞めてしまうケースも多い」というのは如何かと。
マルクスによる「疎外された労働」という古典的命題は今も残る。RT @kwmr_posse: 【働きたい…働けない時代 増加する生活保護受給者:神奈川】 「やりがいを見いだせないまま長続きせず、辞めてしまうケースも多い」というのは如何かと。
生活保護は、障がい者と身寄りのないお年寄り以外は、拒否するべきだと思います。
神奈川県内で仕事探そうとしたら難しいかもね
神奈川県東部でも仕事が無い、けど西部はも~っと少ない・・・ので東京へ出稼ぎしかない(´;ω;`)実際、県内に仕事無いから実兄は東京で出稼ぎしてたり
なまじブラック企業で働くよりもいい環境になりかねない生活保護。人手が必要な業界もあるだろうけど待遇改善とか起きないし
本当に必要なのは、仕事を構築できる人を育てることだ。外国語とかよりもそっちの方が重要。
全国の生活保護の受給者が過去最多の二百五万四百九十五人
増加する生活保護受給者:  海外から見ても日本の"なまぽ"は異常。公務員の人件費同様に見なおすべき制度。あとチョン優遇やパチンコ優遇なども廃止。これらが財政圧迫してる原因の一つじゃん。
仕事選んでるやつに生活保護とか必要ないやろ
増加する生活保護受給者:神奈川  自分に合わないからと止めて働かない人にまで生活保護支給はいかかがなものか? 生きるためには何が何でも我慢することが必要ではないか。
小泉時代の痛みを伴う改革と、民主のもったいない公共事業縮小。それと世の中の正規(?)雇用の価値観向上。民意が効果を出してきていると思う。

 増加する生活保護受給者:神奈川
そこでBIですよ。もうまず間違いなく、完全雇用は無理ゲー。
【神奈川】 働きたいけど・・・働く場所が無い 働くことができる世代で「生活保護」受給者急増
以上

記事本文: 東京新聞:働きたい…働けない時代 増加する生活保護受給者:神奈川(TOKYO Web)

関連記事

画像で見る主要ニュース