TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:「原発...
24コメント

経済産業省は十日、二〇三〇年に目指す再生可能エネルギーや原発など、電源種類別の発電比率を検討する有識者会合を開いた。自民党と経産省が原発で二割程度を賄うことを念頭に水面下で比率案を調整していることに対し、出席者からは「福島(の原発)の事故がなかったかのような議論だ」などの異論が相次いだ。 自民党の額賀福志郎元財務相は経産省と足並みをそろえて原発、石炭火力、水力、地熱の「ベースロ...


Twitterのコメント(24)

環境省は三〇年に再生エネの比率を最大35%まで高められると試算したが、自民党と経産省は実現性に否定的だ。これについて全国消費者団体連絡会の河野康子事務局長は環境省の出席者に「(試算の)根拠を示してほしい」と要望。
2014衆院選自民党マニフェスト『原発依存度については、徹底した省エネルギーと再生可能エネルギーの最大限の導入、火力発電の高効率化により、可能な限り低減させます。』とあるけど(続
東京新聞:「原発比率2割」「事故なかったような議論だ」
2015年4月11日 東京新聞
"自民党と経産省が原発で二割程度を賄うことを念頭に水面下で比率案を調整している…太陽光など再生可能エネルギーは、20%台半ばに抑える方向"
名古屋大大学院の高村ゆかり教授は、欧米では「原発など特定の電源を基幹電源と位置付ける考え方自体がなくなりつつある」「ドイツでは安い再生エネが増えて電力の価格が下がっている」via 「事故なかったような議論だ」
「長期エネルギー需給見通し小委員会(第6回)」配布資料 -
震災の記憶をさっさと忘れてほしいんでしょ。
「自民党と経産省が原発で二割程度を賄うことを念頭に水面下で比率案を調整していることに対し、出席者からは「福島(の原発)の事故がなかったかのような議論だ」などの異論が相次いだ」
「原発比率2割」二異論続出。
反省のないところに進歩はないなー

→【 有識者「事故なかったような議論だ」】
原発利権集団の巻き返し : 自民党は原発20%、経団連は原発25%、経産省は原発20%前半。
「欧米では再生エネの増加とともに基幹電源の比率が減少している。原発など特定の電源を基幹電源と位置付ける考え方自体がなくなりつつある」
溶け落ちた燃料の行方も未だわからないくせに!あ、今回のロボットも原発メーカー製だったなぁ。人命よりカネか!
有識者「事故なかったような議論だ」(東京新聞)
自民党と経産省が原発で二割程度を賄うことを念頭に水面下で比率案を調整していることに対し、出席者からは「福島の事故がなかったかのような議論だ」などの異論が相次いだ。
有識者「事故なかったような議論だ」:東京新聞  自民党と経産省が原発で二割程度を賄うことを念頭に水面下で比率案を調整していることに対し、出席者からは「福島の事故がなかったかのような議論だ」などの異論が相次いだ。
全く国民の声をきいていないし、無視し続ける姿勢は許せない。
首相は何も反省してない、早くまともな首相が出てこないかな!
(付)「原発など特定の電源を基幹電源と位置付ける考え方自体がなくなりつつある」 東京新聞:
/

福島を中心に今なお原発事故による汚染問題解決の目処は立っていない。しかし、政府はそれをなかったことのようにしたいみたいだね
「ドイツでは安い再生エネが増えて電力の価格が下がっている」…本文より。 経産省や政府のいう話と現実は違うらしいぞ。だまされまいぞ。
出席者からは「福島(の原発)の事故がなかったかのような議論だ」などの異論が相次いだ。
【原発NEWS】 - 東京新聞 経済産業省は十日、二〇三〇年に目指す再生可能エネルギーや原発など、電源種類別の発電比率を検討する有識者会合を開いた…
「原発比率2割」異論続々 (東京新聞) 経済産業省は十日、二〇三〇年に目指す再生可能エネルギーや原発など、電源種類別の発電比
←「事故がなかったこと」にしたいのです。
以上

記事本文: 東京新聞:「原発比率2割」異論続々 有識者「事故なかったような議論だ」:経済(TOKYO Web)

関連記事

34コメント 2015-05-02 04:42 - toyokeizai.net

有識者委員会(長期エネルギー需給見通し小委員会)で委員長を務める坂根正弘・小松製作所相談役(中央) 経済産業省は4月28日の有識者委員会で、2030年の電源構成(エネルギーミックス)の案を提示した。総発電電力量(1兆0650億キロワット時)のうち、原子力発電は20~22%、再生可能エネルギーは22~24%、火力発電は56%程度とした。再エネの内...[続きを読む

画像で見る主要ニュース