TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:消費増...

東京新聞:消費増税時、「飲食禁止」明示なら8% コンビニ・スーパー食料品:経済(TOKYO Web)

26コメント 登録日時:2018-10-12 07:50 | 東京新聞キャッシュ

 来年十月に予定する消費税率10%への引き上げを巡り、財務省はコンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売する飲食料品(酒を除く)に関し、客に店内で飲食させ…...

Twitterのコメント(26)

「裏」イートイン時代、到来か? / (東京新聞 TOKYO Web)
ん?

イートインあり 貼紙なし 
「ウチはイートインで飲食OKですよ!」
な店の客は全員10%

イートインあり 貼紙あり
「ウチのイートインは飲食禁止やで!」
8%

イートインなし
「ウチそもそもイートインないし」
8%

ってこと?

トラブル起きる気しかせんのやけど?🤔
これでコンビニのイートインスペースは撤去されるのかな。▼
おう、頭が悪いことには何もとやかく言わねえけど財務省のニートどもは物は試しで一ヶ月ほどコンビニバイトみっちりやってから妄言吐けや。
だったらイートインなんて作るなよ…
行為制限を含む税法って、
一体何なんだ?
財務省の頭大丈夫かな?
パチンコの交換所は同じ敷地でも「両替所」にならないのにね。ふっしぎー【 Web)】
こんなややこしいの、絶対にうまくいかないよ。
コンビニやらスーパーを使わない人達が決めたんだろうな。
ずぼら消費者としては店のいいなりになっちゃいそう。
んで納得できない客と説明に苦慮する店員のやりとり見させられるのだろうか。
んじゃキリのいいとこ10パーで!って話じゃないよね。

 コンビニ・スーパー食料品:経済
増税はともかくとして、無理だってば
世の中イレギュラーばっかよ?
山口代表は「不合理な事が起きないように」と釘を刺した様だが、そもそも軽減税率がこの上なく不合理な事はお気づきでない。あるいは気づいているがお認めにならない。誤りを認める事は恥ではない。
どうなんでしょうね。
無駄なお金が掛かることをするなら上げなければいいのにね。
軽減税率って線引き大変だし、その線引きが守られているかのチェックも大変だし、それで運用コストかかってめちゃ損しそう。。
…例えば、新聞も配達なら軽減税率適用、駅売りは10%だ、とか言えば、どんなに阿呆な議論か判ろうってモノなんだが??
方向性がおかしい。不便なものにして、どーするの。店の外のベンチならいいの? わけわかんない。外食も軽減税率にすればいい話。
東京新聞: 時、
「」明示なら8% 💦


導入を主導した公明 山口那津男「『不合理』なことが起きないよう、しっかり対応していくべきだ」


そもそも「軽減税率」対象の微妙な線引きが「不合理」ではないのか😎
コンビニが進めてきたイートインの充実を自ら放棄するのか、軽減税率ほしさにそこまでやるの、まじなの→
そもそも、なんでイートインが外食なの?
消費税増税と、軽減税率というややこしい制度のせいで、コンビニでコーヒー飲んで軽く休息できなくなる。その制度は「消費税増税により、自公支持率か下がらないように」という都合なのだろう。酷い制度だ…》
これは問題が大きいぞ!
デパ地下フードコナーや、学校生協のコンビニ等が大変だと思う。全くせいかつの時限が違う議員が判断してるから、議員は国民の生活レベルになって判断すべきだ。
ややこしい→
財務省も公明党も、これ本気で言ってんの?
日本一頭の良い 官僚の考えることは凡人の私にはよくわからんww
以上

記事本文: 東京新聞:消費増税時、「飲食禁止」明示なら8% コンビニ・スーパー食料品:経済(TOKYO Web)

関連記事