TOP > ニュース総合 > 東京新聞 > 東京新聞:凋落の...

東京新聞:凋落の民進党 政策を練り選択肢示せ:社説・コラム(TOKYO Web)

11コメント 登録日時:2017-07-14 10:36 | 東京新聞キャッシュ

東京都議会選挙では民進党も敗者だ。旧民主党時代には第一党だった当選者数も一けた台に落ち込んだ。なぜ、そこまで凋落(ちょうらく)したのか。党の立て直しを急がねば、再び政権の選択肢にはなり得まい。 民進党が置かれた厳しい状況は都議選前から顕著だった。離党者が相次ぎ、公認候補は二十人台止まり。選挙戦も厳しく、選挙前の七議席を五議席に減らした。 森友・加計両学園の問題や「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正...

Twitterのコメント(11)

民主党政権時代に既に終わってた。それをマスコミが必死の延命措置を施し続けてただけ。なにが政策を練り直せだ。
"党の「尊厳ある生活保障総合調査会」は、増税で財源を確保し、介護サービスの拡充や幼児教育・保育の無償化などに充てることを提唱してはいる" ←ゾウゼイか!w /
本当にしっかりして欲しい、第2自民のような野党では意味がない。私はかつての民主党政権の良い処も沢山知っている。自由を守り、国民目線の党を目指して。
民進党はいま一度、その政治の原点に戻るべきだ。有権者の関心はやはり暮らしや社会保障にある。その政策分野でどれだけ具体像を示せるかが、選挙の行方を左右するだろう。自民党と対等に議論できる器になってもらいたい。
まず現「連合」執行部と縁を切ることから始めるべきだな
誰も期待などしていないから、消滅するしかないでしょう。都議選は自民党が勝手に負けただけで、都民ファは大阪で言う維新のようなもの。民進はもう必要ない。
民主党政権は
辺野古混迷
財源もないのに嘘八百
中国韓国の言いなり
尖閣敗北で世界から嘲笑
原発事故処理失敗
円高1ドル75円失業率増大

民進党がダメなのは左翼だからだ

国民の心情と大きく解離

民共と東京新聞はずっと勘違いしてろ
※ 政策を練り選択肢示せ…二〇〇九年衆院選では、有権者は政策を選び、政治に参加することを実感できた。民進党はいま一度、その政治の原点に戻るべきだ。:社説・コラム(TOKYO Web)
差別に毅然と対応できないし
「早急に政策の肉付けを急ぎ、進んで有権者に訴えかけるべきだ。敵失待ちの政治では、いつまでたっても政権復帰などおぼつかない」
同感。各政党は国民に自らの政策の優秀性をプレゼンし、コンペに勝ったところが政治を担うべき。他党より優れた政策を示してくれないと投票行動に結びつきにくい。➡︎【社説】凋落の民進党 政策を練り選択肢示せ
民進党に"政策"なんかあったのか?蓮舫が代表だもんな~。凋落どころか消滅だよ。

※【社説】凋落の民進党 政策を練り選択肢示せ
以上

記事本文: 東京新聞:凋落の民進党 政策を練り選択肢示せ:社説・コラム(TOKYO Web)

関連記事

画像で見る主要ニュース