中田ジャパン 3次リーグ進出決めるもブラジルにフルセットの末惜敗 ― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

 バレーボール女子の世界選手権は11日、各地で2次リーグが行われ、中田久美監督率いる世界ランキング6位の日本は同4位のブラジルと対戦。25―23、25―16、26―28、21―25、11―15でフルセットの末、ブラジルに惜敗。日本は1セットを取った時点で3次リーグ進出を決めていたが、後味の悪い結果となった。...

Twitterのコメント(12)

この熱戦は夢中になって観戦しましたが惜しくも敗戦😣
第3セットで決められなかったのは
中田監督が余裕をこいて主力を下げたのが原因🔥
ブラジルには負けたけどはっきり言ってよくやってると思うよ。
後味が悪いも何も人間なら1セット目取った時点でカが抜けるだろ。
非常に白熱し惜しかった試合 でもあのブラジルが手に届く位置まで日本女子バレーが成長したことがでっかい収穫 わずか数年で新生女子バレー
1、2セット連取も逆転負けしたか……。惜敗とは言っても3セット立て続けに取られるとは!
次が正念場。
3セット目の交代がすべて。監督のミス。それにしてもスタメンが固定されていない原因は?若いセンターはいないのか?
生脚を露出した女性がこれだけ並ぶとセクスイー!
勝ててたのに。
第3セットを取りきれなかったのが敗因だけど、頑張ってください /
ストレートで勝てそうだったけど、後半疲れたのかな
3セット目から明らかにチーム全体緩んだ。逆に、ブラジルは開き直った。3次リーグへの良い引き締めと考えて修正点も正していけばいい。
流れ的にはストレート勝ちの流れ。で結果はフルセットの末の負け。こうゆう所がまだまだたる所以。
以上

記事本文: 中田ジャパン 3次リーグ進出決めるもブラジルにフルセットの末惜敗 ― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

関連記事