松本・反町監督、ユニ問題に「はっきり言ってJリーグが精査してないから」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

開幕3戦目にして今季初勝利を挙げた松本の反町康治監督(53)が試合後、Jリーグに”物言い”をつけた。 松本と対戦相手の岐阜は、ともにチームカラーが緑。敵地に乗り込んだ松本は昨季までの白から灰色に一新した第2ユニホームで試合に臨んだ。だが、深緑色の岐阜とダークグレーの松本と両チームのユニホームの色はデーゲームの日差しと天然芝の緑も相まって「(敵か味方か)分か...

Twitterのコメント(12)

その通り。Jは管理者決めて4節以降を早急にチェックして。試合の質に影響する。
これってJの問題?お互い試合前に確認できる事じゃない?
ちゃんと審査しないリーグも悪いと思うけど、その前に申請してるのはお前らだろうと
清水東高OB監督対決。
なんか松本側が被害者っぽく聞こえる…。松本の2ndユニの出来の問題じゃないのかしらー。ちな岐阜は白。
Jリーグが精査していない以前に、お前のクラブが考え無しに2ndユニを作ったんやろ。 >
本当にグレーのユニフォームはやめてほしい。2ndをグレーに設定しているチームは3rdも用意しておくべき。(でも今回は反町監督がJリーグ側に責任転嫁するのはおかしいぞ)
わっはっは!うちの監督の性格の悪さは最高だぜ!
大木さんは京都の時に群馬かなにかと試合をした時と同じで、お互いパスミスの連続だったことを知っています。試合中に『大木さん、京都でもあったよね』と言ったら
というか、両チームが2ndや3rdまで用意するべきじゃないの?Jが精査というよりチームの準備不足な気がするし反町がいちゃもん付けるのは松本の上に対してじゃない
根本的な原因はそのデザインを作ったクラブ側だけどね。選手が来てくれない理由も何となくわかる。
以上

記事本文: 松本・反町監督、ユニ問題に「はっきり言ってJリーグが精査してないから」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

関連記事

画像で見る主要ニュース